Report

2019.02.14 20:46

『アリータ:バトル・エンジェル』ジャパンプレミア・イベントが開催!初来日ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツらが登場

  • Fan's Voice Staff

木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」を、巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督が実写化した映画『アリータ:バトル・エンジェル』のジャパンプレミア・イベントが、2月14日(木)に都内で開催されました。

 

 

本イベントには来日ゲストとして、アリータ役をモーションキャプチャーで演じた主演ローサ・サラザール、アリータの父親代わりとなるサイバー医師イド役のクリストフ・ヴァルツ、『シン・シティ』などで知られる名匠ロバート・ロドリゲス監督、ジェームズ・キャメロンの長年の盟友で本作でも製作を務めたジョン・ランドーら豪華面々が登場。さらに、原作者の木城ゆきと先生と、日本語吹替版でアリータの声を演じた上白石萌音も参加しました。

 

 

東京・新宿のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」で開催されたイベントには、約100人のファンとマスコミ陣が集結。初来日となったローサ・サラザールやクリストフ・ヴァルツをはじめ、各ゲストの登場にファンは大喜び、ゲストも笑顔でセルフィーやサインなどのファンサービスに応えました。

 

 

 

サウンドバイツ取材とファンサービス後、ゲストは会場前方のステージに登壇。

 

 

サラザールが「こんにちは!アリータの”ホームタウン”に来れて本当に嬉しいです」と第一声を発すると、会場からは歓声が。続けてヴァルツが「こんばんは。皆さん大好きな、この美しいキャラクターを貸してくれて、ありがとうございます。気に入ってもらえると嬉しいです」と挨拶。

 

 

ロドリゲス監督は「また日本に来れて本当に嬉しいです。私は日本のファンも文化も大好きですし、非常に普遍的で共感を呼ぶこの素晴らしい漫画の精神に忠実でいられるよう、愛と尊敬をたっぷり込めてこの映画を作りました。日本生まれの物語ですし、きっと楽しんでいただけると信じています」とコメント。
 

 

ランドーは「アリータを創り出した、木城先生の隣にこうして立てていることを非常に嬉しく思います。2週間前にこの作品を木城先生にお見せた時、先生が頷いてくださり、その瞬間を非常に誇りに思っています」と、日本に来れた歓びを語りました。

 

 

木城先生は「僕の原作がこんな形で素晴らしい作品になって、世界最高の映画になったと思います。ぜひ楽しんでください」、上白石は「本当に大好きな大好きな映画です。そのご本人たちにお会いすることができて、今日は本当に光栄に思っています」

 

 

また、日本生まれのキャラクターを演じた感想を尋ねられたローサ。「木城先生が本当に美しく描いたアリータは、ダイナミックで、ものすごく激しいキャラクターです。この場にいる、激しい女性たち、激しい男性たちをはじめ、日本の皆さんに彼女の姿をご覧いただけることが非常にワクワクしますし、複雑な面を持つこのキャラクターがスクリーンで描かれることを非常に嬉しく思いますし、木城先生、あなたの創ったクレイジーな世界観とキャラクターを私たちに貸してくれて、ありがとうございます!」と、熱がこもった様子で語りました。

 

 

この映画を世界中の大勢の人が観ることについて、ヴァルツは「アリータは日本生まれですが、彼女は世界中が故郷だと思っています。一番大事なのは、みんなでこの映画を共有すること。映画館では、ぜひ私が隣りに座っていると思って観てください」とコメント。

 

 

完成した映画を観て、ジェームズ・キャメロンとどのような話をしたのか尋ねられたロドリゲス監督。「この映画では非常に高度なCGが多く使用されているので、完全に作業が終了するまで、どんな映画に仕上がったかというのは十分にわかりませんでした。むしろ、ひとつの映画として成しているか、最後までわからないのです。完成版を観たキャメロンに感想を尋ねたら、“本当に最高で、言葉を失ったよ。もう一回観たい“と言ってくれました。今となっては私よりも多くの回数を観ていると思います。このような映画を作る時は、制作側も観客の一員のように楽しめるものなのですが、本当にこの映画の世界に夢中になりました。きっと気に入ってもらえると思いますよ」

 

 

長年かけて製作された本作がついに日本で公開を迎える心境について、ランドーは「20年かけて製作し、スクリーン上でアリータに命が吹き込まれるのは、まさに子どもが生まれたような感じがします。漫画では、紙面で描ける範囲の描写となってまいますが、常にそこにあった精神を世界中の人々に向けて迫力のスケールで届けることができました」と、感慨深く語りました。

 

一方で、自身が描いた原作が世界規模で公開される映画になった木城先生は「原作者とは関係なく、ワクワクしました。こんな素晴らしい映画をプレミアでもう4回観たんですが、これから5回目を観ます。タダで観られるなんて素晴らしくて、役得だなと思います。本当に観るたびに新しい発見があって、構成が素晴らしくて、全てが名シーンでできていて、無駄なシーンが全然ないんです。僕が本当に原作を描いたのかな?ってくらい面白いので、ぜひ皆さんには、大きな映画館で楽しんでほしいです」と、笑顔をほころばせました。

 

 

 

オリジナルキャストのローサと対面を果たした上白石は、「(ローサには)先ほどお会いしたのですが、最初からあたたかいハグで迎え入れてくだいました。映画で描かれているアリータ同様、本当にバイタリティあふれる方ですし、かっこよさとキュートさを持ち合わせた方で(ローサ、大爆笑)、彼女はアリータそのものなんだな、という感じがしました。ローサさんの声をずっと聞いていたので、本当にお会いできてすごく嬉しいです」と話すと、すかさず「I love you」とローサ。「私も彼女と同じくらい緊張していましたよ。(上白石が)故郷の家に呼んでくれたので、私は行く気になっています。彼女は、冗談と思ったかもしれませんが、私は本気で行くつもりですよ」と続けるローサに、「私も本気ですよ」と上白石が重ね、すっかり打ち解けあった様子が伺えました。

 

 

最後に、ロドリゲス監督とランドーから日本の観客に向けてメッセージが。「家族や友だちと、できるだけ大きなスクリーンで、ぜひこの映画を観てください。この映画はあらゆる年齢の人に向けていますが、特に皆さんへの愛を込めて作りました」(ロドリゲス)。「私たちに漫画というものをくれた日本文化に感謝を述べたいと思います。漫画は、命を讃え、人生を映し出す素晴らしいもので、木城先生の作品はその素晴らしい例ですが、まだ芸術様式として十分に認識されていない気がします。ですので、この分野に携わる全ての人に、御礼を伝えたいと思います」(ランドー)。

 

 

それを聞いたローサは「まさしくその通り。ありがとうございます。それから通訳の皆さん、私たちの話を実際よりも断然エレガントに訳してくださりありがとうございます(笑)」と場内の笑いも誘い、イベントは和やかな雰囲気のまま幕を閉じました。

 

 

フォトセッション時には、ステージ上にWETAワークショップ特製のアリータフィギュアが登場。全員での撮影が済みお別れの時間かと思いきや、ローサと上白石がフィギュアを囲んで記念撮影しようということに。”3人”の撮影が始まる中、フィギュアの向きが少しズレていることに気がついたジョン・ランドーはすかさず戻り、フィギュアの角度を自ら直すという”プロデュース”ぶりも。ローサもアリータフィギュアの髪を整えたりと、アリータ愛が滲み出る瞬間となりました。  

 

 

 

==

 

『アリータ:バトル・エンジェル』(原題:Alita: Battle Angel)

舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は300年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が300年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る──。

 

原作/「銃夢」木城ゆきと
脚本・製作/ジェームズ・キャメロン
監督/ロバート・ロドリゲス
出演/ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか

 

日本公開/2019年2月22日(金)全国ロードショー
配給/20世紀フォックス映画
公式サイト
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation