News

2018.12.05 12:00

『荒野にて』(原題:Lean on Pete)19年4月12日公開決定

  • Fan's Voice Staff

ふとしたことで揺らぐ長年連れ添った夫婦の絆を描き、数々の賞を受賞した『さざなみ』で知られるアンドリュー・ヘイ監督最新作『荒野にて』(原題:Lean on Pete)が、2019年4月12日(金)より全国順次公開されることが決定、場面写真8点が到着しました。

 

 

母に捨てられ、経済力も教養もないが愛情だけは溢れていた父を突然亡くし、天涯孤独となった15歳の少年チャーリーは、厩舎で世話をする一頭の老いた競走馬のリーン・オン・ピートに心のよりどころを見いだす。が、馬が殺処分になる運命を知ったとき、彼は、唯一の友を救うべく、唯一の肉親である叔母を探して大陸横断の旅に出る……。

 

 

チャーリー役を務めた主演チャーリー・プラマーは、少年が抱く孤独、やり場のない痛みを瑞々しく演じ、第74回ヴェネチア国際映画祭にてマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した期待の新星。『ゲッティ家の身代金』(17年)で誘拐される富豪の孫を演じ注目されたばかりです。クセ者俳優として知られるスティーヴ・ブシェミ、クロエ・セヴィニーら個性派俳優とも同等に渡り合います。

 

 

チャーリーが行く、荒々しくも荘厳なまでに美しいアメリカ北西部の大自然は、まさに人生そのもの。無垢な少年が厳しい現実を突き付けられながらも、一歩一歩と前へ進んでいく姿を、アンドリュー・ヘイが力強く、リアリティをもって描き出した、心に感動を刻む珠玉の人間ドラマです。

 

 

==

 

『荒野にて』(原題:Lean on Pete)

ある日突然、世界の底へ滑り落ちた少年の旅

小さい頃に母が家出し、愛情深いがその日暮らしの父と二人暮らしのチャーリー。家計を助けるために競走馬リーン・オン・ピートの世話をする仕事を始めるが、ある日父が愛人の夫に殺されてしまう。15歳で天涯孤独になってしまったチャーリーの元に、追い打ちをかけるように届いたのは、試合に勝てなくなったピートの殺処分の決定通知だった。チャーリーは一人馬を連れ、唯一の親戚である叔母を探す旅に出るが、彼らの前に広がるのは、あまりに広い荒野だった──。

 

監督/アンドリュー・ヘイ
出演/チャーリー・プラマー 、スティーヴ・ブシェミ、クロエ・セヴィニー、トラヴィス・フィメル
2017年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/2時間2分/字幕翻訳:栗原とみ子

 

日本公開/2019年4月12日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他 全国順次ロードショー
配給/ギャガ
© The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017