News

2018.11.14 1:00

『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章、19年4月世界同時放送決定!日本ではスターチャンネルが独占放送

  • Fan's Voice Staff

エミー賞歴代最多受賞の海外ドラマ史上最高傑作『ゲーム・オブ・スローンズ』。その最新シーズンにして最終章となるシーズン8の放送予定が、ついに解禁!米国HBO®は、来年2019年4月のシーズン8放送開始が発表し、日本ではこれまでのシーズンに引き続きスターチャンネルが、日本独占の〈世界同時放送〉することが決定しました。

 

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』は、米国のSF/ファンタジー作家ジョージ・R・R・マーティンによるベストセラー小説「氷と炎の歌」を、壮大な規模で映像化し世界的大ヒットシリーズ。現時点で最新となる第七章では、第1話放送(2017年7月)を全米1,600万人がリアルタイム視聴し、HBOの最高記録を更新したほか、世界186以上の国と地域で放送されています。

 

壮大かつ繊細な人間ドラマに満ちた物語がいよいよフィナーレを迎える最終章は、毎週の放送がクライマックス。世界中の『ゲーム・オブ・スローンズ』ファンが一斉に、固唾をのんで見守ることになるでしょう。

 

また、この情報解禁にあわせて、第一章〜第七章を振り返るグローバルキャンペーン(#ForTheThrone)が、Twitter上でスタート。Facebook、Twitterで展開される関連動画やポスタービジュアルなどの日本版は、本日公開「ゲーム・オブ・スローンズ最終章」の特設サイトやスターチャンネルの公式SNSアカウントにて、明日15日(木)までに順次公開されるとのこと。その後、最終章にまつわる最新オフィシャル素材や放送情報などが、この特設サイトに、いちはやく掲載されるそうです。

 

果たして、玉座(スローン)に座るのは誰なのか。最終章を、来春、全世界のGOTファンと共に見届けましょう!

 

==

 

『ゲーム・オブ・スローンズ』

架空の王国を舞台に複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いを映画並みのスケールで描き、世界を釘付けにしているスペクタクル巨編。米国HBOが一話あたり1,500万ドル(*2)とも報じられる巨額の製作費を投じ、ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー小説「氷と炎の歌」の世界観を、壮大な規模で映像化した大ヒットシリーズ。シーズンを追うごとに製作費だけでなく人気も増加し続け、名実ともに世界を席巻し、続々と映画スターを輩出。

BS10 スターチャンネル『ゲーム・オブ・スローンズ』最新シーズン 最終章
2019年4月<世界同時放送>

©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.