News

2018.11.07 11:00

『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』日本版予告編&ポスタービジュアル&が到着

  • Fan's Voice Staff

英国を代表する名優マイケル・ケインがプレゼンターを務め、彼が生きた激動の1960年代のイギリスを舞台にしたドキュメンタリー映画『マイ・ジェネレーションロンドンをぶっとばせ!』のポスタービジュアルと予告編が到着しました。

 

 

ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーの曲にのせ、マイケル・ケインがあなたを’60sにナビゲート!そこは音楽、映画、ファッション、アートが次々に花開く若者たちの時代!

 

『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で2度のアカデミー賞を受賞、クリストファー・ノーランの『バットマン』シリーズ、『キングスマン』など数多くの人気作品に出演しているマイケル・ケインは、85歳となった今でも第一線で活躍し続ける英国の大スター。コックニー訛りで話す労働者階級の出身ながらも、新しい時代の追い風を受けることで自らの道を切り開きトップランナーとなりました。

 

今回ケインはプロデューサー、プレゼンターを担い、過去にエミー賞候補になった作品も手がけるデイヴィッド・バッティが監督を務めます。バッティ監督は1,600時間を超える映像素材を集め、さらにはケインと共に、時代のキーパーソンたちに6年がかりで50以上のインタビュー撮影を敢行。また、それらの映像をコラージュし、若き日の姿に現在の声をかぶせるという大胆な手法をとっています。そして今回字幕監修はピーター・バラカン氏が担当することが決定している。

 

 

この度公開となったポスタービジュアルは「VOGUE」誌で活躍したカリスマ写真家、デイヴィッド・ベイリーが撮ったマイケル・ケインの写真を使用しており、60年代のポップカルチャーを彷彿させるサイケデリックな色使いになっています。予告編では、今でも不滅の人気を誇るザ・フーの楽曲「マイ・ジェネレーション」と共に、当時のロンドンの様子と、カルチャーアイコンとなったモデルのツィギー、ミニスカートの発案者メアリ―・クヮント、ローリング・ストーンズ、ビートルズといった、時代を突き破った才能たちの秘蔵映像が盛り込まれています。

 

『マイ・ジェネレーションロンドンをぶっとばせ!』は2019年1月5日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。

 

==

 

『マイ・ジェネレーションロンドンをぶっとばせ!』(原題:My Generation)

監督/デイヴィッド・バッティ
プレゼンター・プロデューサー/マイケル・ケイン
出演/マイケル・ケイン、デイヴィッド・ベイリー、ポール・マッカートニー、ツィギー、ローリング・ストーンズ、ザ・フーほか
2018年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/85分/PG12/英語/日本語字幕:野崎文子/字幕監修:ピーター・バラカン

 

日本公開/2019 年1月5日(土)、Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
配給/東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト
© Raymi Hero Productions 2017