News

2018.09.25 17:25

『プーと大人になった僕』2週連続No.1大ヒット!累計興収12億突破

  • Fan's Voice Staff

世代を超えて幅広く愛される世界的人気キャラクター「くまのプーさん」をディズニーが実写映画化!プーさんと大親友のクリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再会からはじまる感動の物語『プーと大人になった僕』。

 

9月14日(金)に公開初日を迎え、週末の全国動員ランキングで堂々の初登場1位を記録した本作。公開2週目もその勢いはとどまるところを知らず、2週連続で1位を獲得しました!9月22日(土)〜24日(月・祝)の3日間で、動員:290,711名/興収:3億9,237万円を記録。連休ということもあり、各地の映画館は当日早い時間から各回満席となる劇場が相次ぐなど大盛況で、9月以降に公開した作品の中でも動員No.1となりました。9月24日(月・祝)までの累計では、動員:911,484人/興収:12億125万円を記録しています。※興行通信社調べ

 

 

先週に続き鑑賞後の評価が高く、「仕事仕事と毎日追われている人に、少し立ち止まって考えてみよう、息抜きしよう、とプーが語っているみたいだった」など、〈大人になると、忘れてしまいがちな大切なことに気づかせてくれる物語〉という本作のメッセージに共感するレビューが次々投稿されています。「プーさんだからこそクリストファー・ロビンに響く言葉がたくさんあり、クリストファー・ロビンとの友達以上の絆に心温まった。名言がたくさんあり、大人にも子供にも見て欲しい」「日々心の奥で感じている事、けれどずっと見ないようにしてきた事…それらをハッキリと言葉にして終始突きつけられているような感覚。心に響きすぎてずっとずっと涙が止まりませんでした」など、純粋なプーが言うからこそ心に届く“プーの名言”も話題になってます。

 

本作では10社以上のタイアップが決定し、世代や映画の枠を超えて他分野でも人気が拡大中のプー。厚生労働省は本作のメッセージに共感し、“仕事休もっ化計画”のポスターを作成し、全国4,000箇所での掲示が決定。ロフトではプー限定アイテムが発売され、早くも売り切れ店が続出中とのことです。

 

公開2週目は客層も拡大しており、20〜30代の女性を中心に、ティーンの友達同士、カップル、ファミリーといった幅広い層が劇場に集まる中、劇中のクリストファー・ロビン世代の30〜40代の働く男性の来場も増えてきています。各界の著名人からも“大人が見るべき映画”として太鼓判を押すコメントが多数寄せられて、「この秋、必見の感動作」として、日本中にプー現象が拡大中です!

 

==

 

『プーと大人になった僕』(原題:Christopher Robin)

100エーカーの森を飛び出したプーと仲間たちは、大人になった親友のクリストファー・ロビンと奇跡の再会を果たすのだが…。ロンドンを舞台に、忘れてしまった「大切なモノ」を思い出させてくれる感動の物語。

 

監督/マーク・フォスター
出演/ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 他
全米公開/2018年8月3日(金)

 

日本公開/2018年9月14日(金)全国ロードショー
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト
©2018 Disney Enterprises, Inc.