News

2018.08.30 12:00

『プーと大人になった僕』堺雅人による吹替版映像が公開

  • Fan's Voice Staff

世界的人気キャラクター「くまのプーさん」をディズニーが実写映画化!プーさんと大親友のクリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーの奇跡の再会からはじまる感動の物語『プーと大人になった僕』。

 

本作の日本語吹替版に関して、ユアン・マクレガーが演じる主人公のクリストファー・ロビンの声を俳優の堺雅人が務めることが発表されると、SNSでは「堺雅人とプーさん……なんだこれ…字面からして尊すぎ……」「『プーと大人になった僕』クリストファー・ロビンの吹替が堺雅人と聞き、一気に吹替版で観たくなった」「ユアンの声を堺雅人がやるという…私の洋邦俳優ベスト1のタッグ」などといったコメントが飛び交いました。

 

 

この度、そんな堺雅人の声が入った吹替版本編シーンが一部公開されました。

 

 

クリストファー・ロビンと大親友のプーが、ロンドンから100エーカーの森へと向かう列車の中。仕事中心の生活を送る、大人になったクリストファー・ロビンは、車内でも忙しそうに仕事をしています。そんなクリストファー・ロビンをよそに、プーは窓から外を眺め「家・・木・・」とつぶやきながら、“目にはいったモノを言うゲーム”をはじめます。プーのつぶやきに対して、仕事の邪魔だといわんばかりに「プー、静かにしてくれ」とお願いするクリストファー・ロビン。注意をされたものの、マイペースなプーは、小声で「家・・木・・」と一人遊びを再開します…。プーのかわいらしさ全開な一方、移動中までも仕事に追われるクリストファー・ロビンは、心に余裕がなくなっている様子。

 

プーたちと遊んでいた少年クリストファー・ロビンは、大人の階段を上っていくなかで、様々な悲しい出来事を体験し、大切な“何か”をすっかり忘れてしまっています。そんなクリストファー・ロビンを助けるかのように、ロンドンにやってきたプー。プーや仲間たちは、クリストファー・ロビンが忘れてしまったモノを届けることができるのか?

 

クリストファー・ロビンとプーさんの変わらない友情は、あなたにもきっと“本当に大切なモノ”を届けてくれるはず。『美女と野獣』のディズニーが贈る奇跡と感動の物語『プーと大人になった僕』は9月14日(金)全国公開です!

 

==

 

『プーと大人になった僕』(原題:Christopher Robin)

100エーカーの森を飛び出したプーと仲間たちは、大人になった親友のクリストファー・ロビンと奇跡の再会を果たすのだが…。ロンドンを舞台に、忘れてしまった「大切なモノ」を思い出させてくれる感動の物語。

 

監督/マーク・フォスター
出演/ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 他
全米公開/2018年8月3日(金)

 

日本公開/2018年9月14日(金)全国ロードショー
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト
©2018 Disney Enterprises, Inc.