Report

2018.05.16 20:07

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』カンヌ国際映画祭レッドカーペットに豪華キャスト陣集結

  • Fan's Voice Staff

シリーズでも圧倒的な人気を誇るキャラクターの1人“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描くスター・ウォーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を全世界中のファンが待ち望む中、第71回カンヌ国際映画のアウト・オブ・コンペティション部門で本作の特別上映が行われ、超豪華キャスト陣がレッドカーペットに登場しました。

 

 

会場となったのは、フランスのカンヌにあるグランド・テアトル・リュミエール。過去に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』も上映された場所です。会場前の石畳には様々な映画スターたちの手形がはめられており、中には「スター・ウォーズ」に多大な影響を与えた黒澤明の手形も。まさにフランスの「スター・ウォーズ」の聖地で、見事本作も上映を迎えることとなりました。

 

 

会場に入る大階段より敷かれた約60メートルのレッドカーペットには、世界中の報道陣が集結。本作で一躍大スターとなった若きハン・ソロ役のオールデン・エアエンライク、謎の美女キーラを演じたエミリア・クラーク、ジョージ・ルーカスから信頼が厚いロン・ハワード監督、ランド・カルリジアン役のドナルド・グローヴァーら豪華キャスト陣が登場しました。一際目を引いたのは、“正装”したチューバッカ。ブラックの蝶ネクタイを身に着け、劇中では見せない”イケメン姿”で登場し、大きな歓声と拍手を浴びていました。

 

 

オールデンはカンヌ国際映画祭での上映について「19歳の時にもカンヌ国際映画祭に来たことがあるんだ。でも今回は本作の出演者のみんなやスタッフたちとこんなに素敵な場所に来られて嬉しいよ」と、スター・ウォーズ作品でこの地に来られたことに感慨深げな様子。「この作品には本当にユーモアや楽しさが詰まっていて、とても面白い作品なんだ。僕が演じる若きハン・ソロが数々の教訓を学びながら、あの誰もが知っているハン・ソロに変わっていく姿を見られるよ。とにかく皆さんがこの映画を観て、楽しい時間を過ごし喜んでくれたら嬉しい」とコメント。

 

ロン・ハワード監督は「作品のリアクションが素晴らしくて、ホッとしているよ。映画に関わった全員が自分たちの持っている全てを出し切ろうとしてきたんだ。本作は他のSW作品を見ていなくても、とても楽しめる作品になっているんだ。だけど、世界中のファンの皆さんには、この作品がファンをものすごく尊重したものだと分かるはず。細かい知識が尊敬とともに込められているからね。初めての人も昔からのファンも楽しんでもらえると思うよ」と現在の心境を明かしました。

 

 

レッドカーペットイベントの後にはパーティーも華やかに行われ、こちらにもオールデンやエミリアらキャスト陣をはじめとした豪華スターたちが集まり、楽しんでいたとのことです。

 

先日ハリウッドで開催されたワールドプレミアで初お披露目された本作には絶賛の声が上がっており、世界各地でハン・ソロ旋風が巻き起こっています。ワールドプレミアに続きカンヌ国際映画祭、ロンドンプレミアと世界中を駆け巡るワールドツアーが続き、ツアーの締めくくりには日本でのプレミアが予定されています。

 

ジョージ・ルーカスからの信頼も厚いロン・ハワード監督、そして「エピソード5」、「エピソード6」で脚本を手がけ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも脚本に携わった”ハン・ソロを誰よりも知る男”ローレンス・カスダンと彼の息子のジョン・カスダンが脚本を務めるだけあり、ファンからの期待値も高い本作。ルークやレイアと出会う前の若きハン・ソロが繰り広げる怒涛の大冒険は、どんな波乱と興奮に満ちているのか!?『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は6月29日(金)全国公開です。

 

==

 

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(原題:Solo: A Star Wars Story)

若きハン・ソロの知られざる過去を描く、スター・ウォーズ最新作!
全世界待望の〈新スター・ウォーズ伝説〉誕生!
俺はパイロットになる。銀河一の…

 

監督/ロン・ハワード
製作/キャスリーン・ケネディ
出演/オールデン・エアエンライク、ウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、ヨーナス・スオタモ

 

日本公開/2018年6月29日(金) 全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.