News

2019.02.08 4:00

『キャプテン・マーベル』日本版予告編が解禁

  • Fan's Voice Staff

マーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』の日本版予告編が解禁されました。

 

 

舞台は1995年。アベンジャーズが結成される以前の物語──。

 

瀕死の重傷を負ってすべての記憶を失い、その代償に“規格外の強大な力”を得たキャプテン・マーベル。クリー帝国で一流のソルジャーとして活躍していた彼女だが、記憶喪失ゆえにいつもどこか居場所がない感覚に寂しさを感じ、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵。身近な人間に化け、キャプテン・マーベルに襲いかかる敵に、誰が敵か味方なのかわからないスリリングなバトルが繰り広げられる! ミッション中の事故により、ロサンゼルスのビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルは、やがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に自らの過去に潜む謎を追い求め、真実に立ち向かっていく。

 

解禁された予告編では、「君が必要だ」と求められながらも自分自身が誰なのか分からない不安から「そんな力私にはない」というヒーローらしからぬ弱さをみせるキャプテン・マーベルの姿が。そんな彼女に一流の軍人へと育てあげた師でもあるスターフォースの司令官(ジュード・ロウ)の「弱い自分のままだぞ」という言葉が重くのしかかります。果たして彼女はどのようにして“キャプテン・マーベル”として目覚めるのか!?そして彼女が目覚めた時、すべての謎が解き明かされ衝撃の事実を目の当たりにする…!

 

映像の最後ではトレードマークの眼帯もまだ着けていない、若き日のニック・フューリーが登場。可愛い猫にメロメロになるニック・フューリーという、アベンジャーズ招集後の寡黙なキャラクターからは全く想像ができない姿です。

 

今回の予告編には、アベンジャーズのメンバー:キャプテン・アメリカの吹替えを担当している中村悠一が、同じ“キャプテン”がつくキャラクターを応援すべくナレーションで特別参戦しています。

 

 

過去の記憶を失った、謎めく女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”を演じるのは、2015年『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したブリー・ラーソン。また、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に若き日のダンブルドア役で出演したジュード・ロウ、『アベンジャーズ』シリーズのサミュエル・L.ジャクソンら超豪華キャスト陣が集結。

 

昨年公開され、世界中で大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で最凶の敵サノスに大敗したアベンジャーズ。最強ヒーローチームの半数がサノスの手によって消し去られてしまうという驚愕の結末は、ヒーロー映画の歴史を大きく塗り替えました。絶望的な状況の中、助けを求めるアベンジャーズの司令官ニック・フューリーのポケベルに映った赤と青のマークこそが、キャプテン・マーベルのマーク。アベンジャーズの司令官が最期に頼るほどのチカラをもつ、マーベル最重要ヒーロー、“キャプテン・マーベル”の始まりが、今明らかに!

 

==

 

『キャプテン・マーベル』(原題:Captain Marvel)

記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。彼女の過去に隠された“秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

 

監督/アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
製作/ケヴィン・ファイギ
出演/ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ
全米公開:2019年3月8日

 

日本公開/2019年3月15日(金)全国公開
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2018