Report

2018.12.16 18:14

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』応援上映に宮野真守が登壇

  • Fan's Voice Staff

11月23日(金・祝)に全国公開され、73.4億円の大ヒットを記録した前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を上回るペースで興収記録を更新している今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。2018年に封切られた洋画実写初の3週連続週末ランキングNo.1を記録するなど、大ヒットが続いています。

 

そんな大盛り上がりを見せている本作の舞台挨拶付き応援上映イベントが、12月16日(日)、大阪ステーションシティシネマにて開催され、本作の吹替版でニュートの声を演じる宮野真守さんが上映前に登壇しました。

 

 

47都道府県の中から、ニュート=宮野さんを呼びたい地域を投票し、最も票が多かった上位3つの中から抽選で1都道府県で応援上映を実施するという“日本中に魔法をかけよう!キャンペーン”で開催地に決まった大阪。大阪での本作の応援上映は今回が初ということで、チケットは発売開始後3分で即完売という人気ぶり。

 

熱気ムンムンの超満員の会場にニュートの“トランク”と“魔法の杖”を手に宮野さんが姿を現すと、MCの声がかき消されるほどの大歓声が!黄色い声援が鳴り止まず、場内は最早パニック状態に。観客たちの熱気を一身に浴びる宮野さんは、「皆さんが僕をたくさん“アクシオ(呼び寄せの呪文)”してくれたので、大阪にやってまいりました!僕自身、今まで映画の舞台挨拶で、大阪に来たことがなかったので嬉しいです!舞台挨拶は初めてじゃないかな?有難うございます!」と熱烈な歓迎に感謝を述べ、さらに特大ヒット驀進中との知らせを受け「すごいですよね!本当に皆さんの応援のおかげです!」と喜びを語ります。

 

そして「僕のトランク、ちょっと小ぶりなんですけれど」と笑いを誘いながら、いそいそとトランクを開けると中から“ニフラー”が登場!「あ!お前!」とニフラーのお腹をごそごそとする宮野さん…すると、お腹の中からお金が!「一体、いつ俺の財布から700円盗ったんだ!…と小芝居をしてみました(笑)今のトランクからニフラーが出てくるとか、ニフラーが小銭を盗んでいるとか、そういう一つ一つに反応してくれるのが嬉しいです」とコメント。ホグワーツ魔法魔術学校の制服に身を包んだポッタリアンや、ニュートやクイニーといった「ファンタビ」のキャラに扮したファンの姿を見つけて、嬉しそうな様子をうかがわせ、「あ!ダンブルドアがいる!っていうか…それ“ハリポタ”の方のダンブルドアじゃん!(笑)」とファンに愛のあるツッコミを入れ、登場から茶目っ気たっぷりに会場を沸かせました。

 

 

続けて、ニュートを演じたエディ・レッドメインとのジャパンプレミアでの再会を振り返り、「写真撮ったんですよ…握手したんですよ!すごくいい人!僕を見つけてくれて、“また会えて嬉しいよ”って言ってくれたんです。本当に気遣いが嬉しかったです」と、心温まるエピソードを披露。更に「僕は声優としてこの作品に参加している立場なので、純粋にこの作品に感動したんです。“素晴らしい作品が出来ましたね!”って伝えたら、エディが“そうだね”って。“みんなの反応が楽しみだね”って言っていたので、SNSとかで世界に、エディに届くように発信してください!」と熱いメッセージを贈ります。

 

11月21日に開催されたジャパンプレミア

 

エディ・レッドメイン(左)と宮野真守

 

「ホグワーツも出てきたりして、今回は“ハリー・ポッター”シリーズとの関係も深まっていて、ファンの人たちにとっては、“ここがつながっていくんだ”っていう楽しみももちろんありますし、スケールは驚くほどにパワーアップしているし、構成力が素晴らしくて、ファンじゃない人にとっても、楽しめる物語になっているのもすごい点ですよね!そして、とにかくエディがかっこいい!」と映画の見どころを語る宮野さん。

 

吹替版の人気も高く、「字幕も吹き替えも迫力凄くて見応えたっぷりだったなぁぁあ」「ファンタビは吹き替え字幕吹き替え字幕で交互に見続けたい」「今回は字幕で見たんだけど今度、吹き替えのを見る予定!」と、吹替版と字幕版の最低2回鑑賞が当たり前という世界にまで発展していることを受けて、宮野さんは、「ダンブルドア先生がまさかのジュード・ロウだし、声があの森川智之!帝王がやって参りました。すごいです。素晴らしいです。あんなに渋くてかっこいいお芝居、キャラクター性を出せるのは、さすがだなと思うんです。ダンブルドアは謎が多いのですが、そのミステリアスな感じも森川さんの声からうかがえるんですよ!ダンブルドアが話すとドキドキ・ワクワクするというか…ニュートとの関係性っていうのもポイントになってくるので、注目してほしいです!」と、吹替版ならではの魅力を語ります。

 

キャンペーン応募の投票の際には、<応援ポイント>も一緒に記載することとなっており、“グリンデルバルドと戦うニュートを「頑張れ」って応援したい!”、“ニュートに危険が迫った時に「危ない!」と関西弁で教えてあげたい”など、様々な意見が集まったと聞いた宮野さん。「“危ないで!”とか関西弁で言ったら確かに面白いですね(笑)」とコメント。

 

宮野さんのおすすめ“盛り上がりポイント”は「地面に杖を突き刺して“フィニート!(呪文を終わらせる呪文)”ってする場面」とのこと。「予告編にも入っていて、その時点ですごくかっこよさそうなシーンだなって思ってた人、沢山いるんじゃないのかな?絶対盛り上がるシーンだと思うので!是非、一緒に戦ってください!みんなで、一緒にグリンデルバルドに立ち向かってください!」と力説。

 

そして、劇中の名シーンを振り返る中、応援上映の練習に宮野さんが吹替を生披露することに!披露することとなったのは、SNSをはじめ、今日本中で飛び交っている本作へ向けた数々の絶賛コメントの中でも特に目立つ“ニュートが想い人・ティナへ告白するシーン”。このシーンは口下手なニュートが一生懸命に想いを伝えるという、それだけで悶絶必至の場面ですが、ティナのセリフは観客たちが担当することとなり、観客達は思わぬサプライズに、再び大パニック!ティナを怒らせてしまうのではと、彼女の美しさを例えた魔法動物“サラマンダー”を言い出せずにいるニュートの想いを汲んで、ティナが「サラマンダー?」と代わりに答える場面となっており…ニュートらしさ溢れる告白シーンを熱演する宮野さんに悶絶しながらも、想いを強く込め、元気よく観客たちは「サラマンダー!」と発し会場は一体化。場内は黄色い悲鳴で埋め尽くされ、最高の盛り上がりに!「なんか、ラブロマンス!!!」と思わず宮野さんも大興奮!

 

最後は「皆さんが応援してくれているのが、本当に伝わってきます。快進撃を続けていて、記録的にも、ものすごいことになっています!僕自身がこの作品の大ファンです。この場に入れる幸せを本当に噛み締めています。まだまだ沢山の皆さんに観て頂きたいと思っておりますので、今日観て、沢山応援して、楽しかったらその楽しさを周りの人達に伝えてください!この『ファンタビ』を一緒に盛り上げてくれたら嬉しいです!」とさらなる大ヒットを願う言葉を贈り、舞台挨拶は幕を閉じました。

 

 

舞台挨拶を終えても万雷の拍手が途絶えず、興奮冷めやらぬ中始まった応援上映は、冒頭のワーナー・ブラザースのムービングロゴの時点から大盛り上がり!拍手OK、手拍子OK、発声OKということで、今まで上映中に秘めていた興奮が爆発!サイリウム&ボンボンを手に大歓声&拍手喝采の盛り上がりを見せ、来場者たちにとってかけがえのない、特別な思い出となるイベントとなりました。

 

==

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

 

監督/デイビッド・イェーツ
脚本/J.K.ローリング
プロデューサー/デイビッド・ヘイマン
出演/エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、カーメン・イジョゴ、ポピー・コービー=チューチ、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

 

日本公開/2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー 3D/4D/IMAX 同時公開
配給/ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.