Report

2018.05.10 20:00

【インタビュー】『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』パトリック・シュワルツェネッガーが初主演の思いを語る

  • Fan's Voice Staff

2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』のハリウッド版リメイク作『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』。公開より一足早く4月中旬に来日した”シュワちゃん”の長男、パトリック・シュワルツェネッガーに初主演についてやお父さんとの関係について伺ってきました。

 

 

(あらすじ)

XP(Xeroderma Pigmentosum=色素性乾皮症)という病気と向き合いながら生活を送るケイティ(ベラ・ゾーン)の唯一の楽しみは、ギターを弾くこと。日が落ちた夜にだけ外の世界に行くことが出来る彼女は、ある日駅のホームでいつものように弾き語りを始めると、目の前に密かに片思いをしていたチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)が!驚きを隠せないケイティでしたが、ふたりは急速に惹かれあい恋に落ちます。しかし、会えるのは日が沈んだ夜だけという日々のなかで、ケイティはチャーリーに自分の病気を打ち明けられずにいました。ケイティの父親ジャック(ロブ・リグル)の心配をよそにいつものようにデートをしていた2人。そんな2人の仲を突如引き裂くタイヨウ。ケイティの病気を知ったチャーリーは、彼女と一緒に歩んでいくことを決意します…。

 

――初主演作とのことですが、オーディションを勝ち抜いて役が決まった時の気持ちは?

「とにかく興奮して、とても嬉しくて、自分を誇らしく思い、先に向けてワクワクしていました」

 

――オーディションを勝ち抜く工夫はなんですか?

「どんな役でも、まずその役の気持ちを理解し、なりきらなければなりません。オーディションでバッチリ決められるよう準備が大事です。ですが、自分ではうまくできたと思っても、結局通らなかったオーディションがいくつもあります。見た目が向こうの期待と合うか、相手との相性など、本当にたくさんの要素があるのです。一つの役に対してオーディションを受ける人の数もものすごいですし」

 

――今回の役を演じる上で最も難しかったことは?

「エンディング近くの、感情的に訴えるシーンですね。あとは、今回が初めての主演作だったので、全体を通じて多少のプレッシャーは感じていました。脇役ではなく主役ということで、撮影現場での心持ちにはとても大きな違いがありました。けれど(共演の)ベラがとても協力的にサポートしてくれて、心地よく演技できるように導いてくれました」

 

――演じる上で参考にしたラブストーリーなどはありますか?

「いいえ、特にありませんでしたね。監督の提案で、『草原の輝き』(61年)と『波止場』(54年)はみんなで観ました」

 

――ベラは元々友人だったということですが、今回の初共演を通して、印象が変わったりしましたか?

「はい、変わりました。彼女とは仕事で一緒になったことはなく、はじめは友だち同士のように振る舞っていたのですが、プライベートの時と仕事の時では、誰でも多少は変わると思います。ですが彼女のプロ精神を、僕は尊敬しています」

 

――本作で最も印象に残っているシーン、お気に入りのシーンは?

「ロブ・リグルと一緒だったシーンですね。日本では知られているかどうかわかりませんが、彼はアメリカではコメディ俳優として不動の地位を築いており、僕はずっと彼のファンだったんです」

 

――チャーリーを演じるにあたり、水泳を週4回特訓したとのことですが、もともと水泳は得意でしたか?

「もともとエクササイズすることが大好きです。ハイキング、サイクリング、ウェイトリフティング、水泳など、なんでも。今回の役では毎日何時間も水泳のトレーニングを行いましたが、すごいいい体型になったし、楽しかったです」

 

――チャーリーと自身の共通点、相違点は?

「似ている点というよりは、こうありたいと思う点なのですが、チャーリーはケイティという人物に恋に落ち、病気のことがわかると、ケイティをさらに強く愛するようになります。私欲がなく、彼女が人生最高の夏を過ごせるよう、彼はレコーディングのためのスタジオ代も出してしまったりするわけですが、彼はいつも自分よりケイティのことを考えているのです。自分もこういった自分を捧げられる人間だったらいいな、と思います」

 

――お父さんのようにアクション映画に出演することに興味は?

「もちろん興味はあります。ですが、マルチ俳優になれるよう、アクションに限らず、さまざまなジャンルのいろいろな役を経験したいと思っています。次はぜひアクション映画で来日できるといいですね」

 

――お父さんがビッグスターであることでプレッシャーがあるかもしれませんが、どのように向き合っていますか?

「素晴らしい成功を収めた父を持ち、シュワルツェネッガーという名字を持つことで、よいこともそうでないこともあります。とはいえ、この最高の家族、環境のもとに生まれたことで、これ以上はない良い人生を歩めてきていますし、父からは本当に多くのことを学びました。彼は素晴らしいアドバイスをくれるメンターです。人からは必要以上にプレッシャーがあると考えられがちなのですが、僕は父と同じ道を上手く歩もうとしているわけではなく、自分の道を進むことに集中しているだけなのです。自分の進歩に対し、どれだけ自分が満足出来ているかが大事です。ボディビルダーにもならないし、アクション映画や父の映画にばかり出たりすることもせずに、自分の選んだ映画に出演すること。父と同じ道を歩むよりは、自分が愛することを納得して楽しんでやる、ということです」

 

――音楽はこの作品でも重要な役割を担っていますが、来日直前、アメリカの音楽フェス「Coachella」に行っていたようですね。どうでしたか?

「音楽は大好きで、Coachellaには全日参加しましたし、とても楽しかったです。見たのはLANY、Beyoncé、The Weekend、Post Malone、Migos、Cardi Bなどですね。この作品でも音楽は大きな意味を持っていますし、そういった作品は他にも増えてきていると思います」

 

==

 

『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』(原題:Midnight Sun)

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー
17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

 

監督/スコット・スピアー
脚本/エリック・カーステン
音楽/ネイト・ウォルコット
出演/ベラ・ソーン、パトリック・シュワルツェネッガー、ロブ・リグル、クイン・シェパード、ケン・トレンブレット
アメリカ/2018年/英語/シネスコ/92分/字幕翻訳:野城尚子

 

日本公開/2018年 5月11日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
配給/パルコ
提供/パルコ、バップ、松竹
協力/S・D・P
公式サイト
© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.