Voice

2016.11.05 20:45

【最速上映レポ】魅せる痛快マジックアクション!!『ドクターストレンジ』日本最速試写会に行ってきた!

  • Pecosu

11月4日、日本では最速となるMCU最新作の『ドクターストレンジ』の試写会に行ってきました。
コミックで「ドクター・ストレンジ」を読み、どストライクの主人公、かつ世界観だったため、人一倍この日を楽しみに待っていたと言っても過言ではありません。海外でのプレミアの情報を見て、今か今かとソワソワする気持ちで4日のスクリーニングを迎えました。
幸運にも公開前に鑑賞を終えたので、来年1月27日を待ち兼ねる皆様向けへ、簡単なレビューをお届しようと思います。

とにかく映像美で魅せる!

©2016 Marvel

©2016 Marvel

予告動画の通り、映像を「魅せる」作品だと感じました。
今までのMCUを思い返すと、派手なアクションシーンや戦闘シーン盛りだくさん、戦争・内戦など社会問題を背景にしたストーリーにヒーローたちが大活躍といった展開が多かった。だが、今回の『ドクター・ストレンジ』は一味違います。アクションシーンはあるものの、「魔術」が主体なだけあり、複雑怪奇に動く部屋や街を舞台に、キャラクターたちが縦横無尽に駆け巡る“魔法対決”です。それはまるで、万華鏡の中を覗いている感覚に陥る。万華鏡の外側から、観客たちがストレンジたちとヴィランたちのバトルを見ているように錯覚させる手法に脱帽しました。(但し、通常の映像でも多少画面酔いをしてしまう人も居ると思うので、映像に没頭したいからといって、安易に3Dを選択すると船酔いと似た感覚に襲われるるかもしれません、鑑賞の際はご注意いただいきたい)

キャタクターの心理模様を魅せるストーリー

自身の能力に過信していたストレンジが、不注意の事故により外科医としての職を失うが、至高の魔術師エンシェント・ワンに師事してからの心境の変化、ワン師匠の葛藤、恋人との決別、暗黒の力に囚われた敵との対比。ここまではっきりとキャラクターの細かい心理模様を描くMarvel作品があったでしょうか。

インフィニティ・ウォーへの布石もちら見せ

詳細を連ねるとネタバレになってしまうので控えるが、兎に角、兎に角これに尽きる!そりゃ『アベンジャーズ』参戦情報も正しいわ!と1人心の中でツッコミしながら、またもMCUの世界に魅せられました 。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』への期待もさらに高まりました。また、未見の方は『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』を見ておいていただきたい、と切に思いませす。インフィニティ(・ストーン)とは何かとか、ドクター・ストレンジとの因果関係もわかるので、『ドクター・ストレンジ』がより一層楽しんで観られると思います。
ネタバレにならないように気をつけましたが、これを読んで、『ドクターストレンジ』をもっと観たい気になってもらえたら嬉しいです!