News

2021.09.14 11:00

『ファイター、北からの挑戦者』日本版予告編&場面写真10点が解禁!

  • Fan's Voice Staff

北朝鮮を逃れソウルにやってきた脱北者の女性がボクシングと出会い人生の再起をはかる姿を描いた感動作『ファイター、北からの挑戦者』の日本版予告編と場面写真10点が解禁されました。

予告編は、「韓国人は私たちを脱北者と呼ぶ──。血も涙もない人のように扱われています。北の人間というだけで」という主人公リ・ジナのセリフから始まります。食堂で働く彼女は、共に脱北しながらも中国に残してきた父親のため、さらに金を稼ぐべく清掃の仕事を掛け持ちしようと、館長とトレーナーのテスが切り盛りするボクシングジムへと向かいます。そこでリングに上がり館長とスパーリングする女性を目にしたジナは、ボクシングの魅力に目覚め、その才能を開花させていきます。映像では、父親とジナを棄てて脱北した母との確執や、トレーナーのテスとの淡い恋模様も映し出され、ジナが抱く苦悩とともに、新たな人生をスタートさせた彼女の勇気と希望も感じられる仕上がりとなっています。

監督は、フランスと韓国を拠点にするユン・ジェホ。カンヌ国際映画祭で上映されたドキュメンタリー『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(16年)で世界に衝撃を与え、その経験を基に本作を作り上げました。1ヶ月半のボクシング特訓を経てヒロインのジナを演じ切ったのは、大ヒットドラマ『愛の不時着』でも印象を残したイム・ソンミ。俳優歴14年目にして初の主演を掴み取りました。ジナをボクシングの世界へと導くジムの館長には、『オールド・ボーイ』(03年)などパク・チャヌク監督作の常連で、殺陣師としても活躍するベテランのオ・グァンロク。韓国BLドラマ『Wish you〜僕の心の中 君のメロディー』で主人公インスの友人ミンソン役を演じ、実生活では名優ペク・ユンシクを父に持つペク・ソビンが、ジナの第二の人生を優しく見守るトレーナーのテス役を演じています。

==

『ファイター、北からの挑戦者(英題:Fighter)

監督/ユン・ジェホ
出演/イム・ソンミ、オ・グァンロク、ペク・ソビン
2020年/韓国映画/韓国語/104分/シネスコ/5.1ch/英題:Fighter/日本語字幕:江波智子

日本公開/2021年11月12日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!
提供/ニューセレクト
配給/アルバトロス・フィルム 
© 2020 Haegrimm Pictures All Rights Reserved                 Fighter-movie.com