News

2021.04.29 18:00

『スザンヌ、16歳』8月21日公開決定!

  • Fan's Voice Staff

2020年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションに選出されたフランス映画『Seize printemps』が、邦題を『スザンヌ、16歳』として8月21日(土)より全国順次公開されることが決定しました。

脚本・監督・主演を務めたのは、20歳の超新鋭スザンヌ・ランドン。2000年にフランスの名優ヴァンサン・ランドンとサンドリーヌ・キベルランの長女として生まれ、15歳で本作を執筆。誰にも打ち明けられず、自身の内側に抱えていた思春期ならではの憂うつや恋愛への憧れを脚本に昇華させ、16歳の少女が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語を完成させました。高校卒業後、フランスで最も権威のある芸術学校の一つ、国立高等装飾美術学校に入学し、この脚本を元に映画制作に着手。主演として複雑で不安定な思春期の少女の内面を体現し、監督としてその繊細さを飛び抜けた瑞々しさでスクリーンに映し出しました。

またランドンは映画の枠を超えて、セリーヌ(CELINE)のクリエイティブディレクター、エディ・スリマンによる“PORTRAIT”プロジェクトにモデルとして参加。さらにシャネル(CHANEL)のアーティスティックディレクター、ヴィルジニー・ヴィアールに新しいミューズとして抜擢されるなど、フランス国内のカルチャー&アートシーンで注目される存在となっています。

==

『スザンヌ、16歳』(原題:Seize printemps)

スザンヌは16歳。多感な年ごろの彼女は最近、同年代の友人たちに退屈している。恋に憧れてはいるが、学校の男子たちにもあまり魅力を感じない。ある日彼女は、通学途中にある劇場の前で、年の離れた舞台俳優ラファエルと出会い、彼に夢中になる。ラファエルもまた繰り返される舞台や仲間たちとの付き合いに退屈さを感じていた。互いの中に共通点を見つけた2人は、年の差があるにもかかわらず恋に落ちる。しかしスザンヌは、彼に夢中になればなるほど、自分が人生を見失っているのではないかと恐れはじめる。あれほど苦労して同級生と同じように楽しもうとしていた16歳のときを…。

キャスト/スザンヌ・ランドン、アルノー・ヴァロワ、フレデリク・ピエロ、フロランス・ヴィアラ、レベッカ・マルデール
監督・脚本/ スザンヌ・ランドン
編集/パスカル・シャヴァンス
音楽/ヴァンサン・ドレルム
2020年/フランス/73分/英題:Spring Blossom

日本公開/2021年8月21日(土)より渋谷ユーロスペースほか
公式サイト