News

2020.11.11 17:00

【12月3日開催】『ハッピー・オールド・イヤー』Fan’s Voice独占最速オンライン試写会 参加者募集

  • Fan's Voice Staff

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作スタジオGDH 559と主演のチュティモン・ジョンジャルーンスックジンが再びタッグを組んだ、ちょっぴりほろ苦い共感度MAXの”断捨離”ムービー『ハッピー・オールド・イヤー』が12月11日(金)より全国順次公開されます。

主人公ジーンは、留学先の北欧でミニマルなライフスタイルを学んだデザイナー。帰国後、実家の小さなビルを自分のデザイン事務所に改装することを思い立ち、モノにあふれた家の“断捨離”を始めます。洋服、アクセサリー、レコード、楽器、写真──友達や元カレから借りたままだったモノを返してまわり、部屋が整理されていくのと反比例して、モノにまつわる思い出が溢れだし、心は千々に乱れていきます。時は年の瀬、ジーンは新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのか──。

ジーン役を演じるチュティモン・ジョンジャルーンスックジンは、初出演・初主演作『バッド・ジーニアス』でタイ・アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝くなど、華々しいデビューを飾った新星。『バッド・ジーニアス』の役名“リンちゃん”の愛称で親しまれ、恵まれた9頭身の体型を生かしてファッションアイコンとしても世界的に活躍。Vogue Hong KongやHarper’s BAZAAR Thailandなど多くのファッション雑誌の表紙を飾り、タイ国内のみならず世界各地の若者から絶大な人気を誇ります。本作の出演にあたり、トレードマークだったロングヘアーをバッサリと切って、ショートヘアに。女優としての新境地を開拓し、アジア全域版アカデミー賞と称される第14回アジア・フィルム・アワードでは、『よこがお』の筒井真理子、『82年生まれ、キム・ジヨン』のチョン・ユミらベテラン俳優に並び主演女優賞にノミネートされる快挙を成し遂げました。

監督を務めるのは、旬なテーマで等身大の若者の心の機微を描いて、国内外で高い評価が寄せられるタイ映画界の新世代旗手、ナワポン・タムロンラタナリット。長編デビュー作『36のシーン』が2012年の釜山国際映画祭でニューカレントアワードを受賞し、第27回東京国際映画祭でも上映。続く2作目『マリー・イズ・ハッピー』はベネチア国際映画祭で上映され、タイ最大手の映画スタジオGTHで制作された『フリーランス』(15年)はタイ・アカデミー賞で8部門を受賞するなど、インディーズとメジャースタジオ双方でフレキシブルに活躍しています。日本では、新作が製作されるたびに東京国際映画祭と大阪アジアン映画祭のどちらかで必ず上映されてきたため、すでに多くのファンから支持を集める同監督ですが、正式に劇場公開されるのは本作が初となります。

『ハッピー・オールド・イヤー』は第15回大阪アジアン映画祭で最優秀作品賞であるグランプリを受賞。SNS上には主人公に共感する感想とともに一般公開を待ち望む声が続出。第49回ロッテルダム国際映画祭ではVoices Main Programmeに選出、第10回北京国際映画祭のパノラマ部門に正式出品されるなど、各国から注目を集めています。

日本公開に先駆け、12月3日(木)にチュティモン・ジョンジャルーンスックジンのトーク付き最速オンライン試写会をFan’s Voice独占で開催します。参加ご希望の方は次の通りご応募ください。応募多数の場合は、抽選とさせていただきますのでご了承ください。

【応募方法】
次の3ステップを完了してください。
①「Fan’s Voice」公式Twitterアカウントをフォローする(@FansVoiceJP
②「Fan’s Voice」によるこちらのツイートをリツイート(RT)する
③下記応募フォームへ必要事項を記入・送信

【応募締切】
第一次締切:2020年11月15日(日)23時59分
第二次締切:2020年11月22日(日)23時59分
第三次締切:2020年11月29日(日)23時59分

※各締切後に、募集人数を締切回数に応じて配分した人数を当選数とした抽選を行います。先の抽選で落選された方は、以降の抽選でも対象とさせていただきますので、複数回のご応募は不要です。

『ハッピー・オールド・イヤー』Fan’s Voice独占最速オンライン試写会
日時:2020年12月3日(木)19:50スタンバイ/20:00開映(同時再生)/22:40終了予定
会場:各当選者のご自宅
募集人数:100名(同伴なし;当選者本人のみ視聴可)
ゲスト:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(主演)
※ストリーミング配信による試写となります
※上映後にゲストを迎えたトークを配信予定です
※上映時間:113分

【ご注意事項】
・ご当選者には上記各締切日以降にメールでご連絡します。
・視聴リンクは試写会実施時間中のみ有効となります。開映時間に遅れると、ご参加いただけなくなる場合があります。
・当選者ご本人さまのみご参加いただけます。視聴リンクの転送・公開、視聴時に当選者ご本人以外が同席することは禁止いたします。ご家族や知人を誘った”上映会”の実施は禁止です。
・カフェや図書館といった公共性の高い場所での視聴はお控えください。
・無断転載防止のため、配信画面にはウォーターマーク(透かし)が常時表示されますので、ご了承ください。
・当選権は換金できません。当選権の譲渡・転売は禁止とさせていただきます。
・ご応募は、日本在住の方に限らせていただきます。
・20歳未満の方は保護者の同意を得てからご応募ください。13歳未満の方はご応募いただけません。
・視聴に必要となるインターネット環境および端末は、当選者ご自身にてご用意ください。
・配信画面の写真撮影、動画撮影、録音行為はいかなる場合でも禁止いたします。
・その他、本試写会へのご参加にあたっては、主催者の指示及びルールに従っていただきます。
・都合により、予告なく変更・中止となる場合があります。予めご了承ください。

==

※スマートフォンからご応募される方で、入力中に画面が突然スクロールするなどの不具合が発生する場合は、こちらのページからご応募ください

==

『ハッピー・オールド・イヤー』(英題:Happy Old Year)

デザイナーのジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、スウェーデンに留学しミニマルなライフスタイルを学んで帰国する。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、オンラインで自作の服を販売する兄と三人で暮らす彼女は、家を改装しデザイン事務所にすることを思い立つ。理想的な事務所にすべく、モノにあふれた家の“断捨離”を進めていく。一度は全てを手放そうとする彼女だったが、洋服、レコード、楽器、写真といった友達から借りたままだったモノを返して廻ることに。友達の反応は千差万別で、なかなか思うように“断捨離”は進まない。そんな時、かつての恋人エーム(サニー・スワンメーターノン)から借りたカメラを見つける。処分に困りながらも小包として送るが、受取を拒否され返ってきてしまう…。

監督・脚本・プロデューサー/ナワポン・タムロンラタナリット
出演/チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、サニー・スワンメーターノン、サリカー・サートシンスパー、ティラワット・ゴーサワン、アパシリ・チャンタラッサミー
2019年/タイ映画/113分/字幕翻訳:横井和子/字幕監修:高杉美和/原題:ฮาวทูทิ้ง..ทิ้งอย่างไรไม่ให้เหลือเธอ

日本公開/2020年12月11日(金)シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次!
配給/ザジフィルムズ、マクザム
協力/大阪アジアン映画祭 
公式サイト
© 2019 GDH 559 Co., Ltd.