News

2019.10.09 22:28

『ジョーカー』日本興収が公開5日間で10億円突破!動員68万人!

  • Fan's Voice Staff

ひとりの孤独な男が〈悪のカリスマ〉に変貌していく姿をホアキン・フェニックス主演で描くトッド・フィリップス監督の『ジョーカー』が10月4日に公開され、日本での興行収入が公開5日間で早くも10億円を突破しました。

© Nico Tavernise

爆発的な大ヒット快進撃となっている日本では、10月4日~8日の5日間の興行収入が10億2,241万3,800円、動員682,258人を記録。DC映画史上最速となるスピードで、『ジョーカー』旋風が拡大し続けています。

日本を含む世界66カ国でNo.1を記録し、その高い満足度と衝撃の内容に、社会現象を巻き起こしている本作。全米4,374館では10月4日(金)~6日(日)の3日間で興行収入9,620万ドル(103億711万円)を記録し、圧倒的No.1の大ヒット(10/7付け「Box office mojo」調べ※1ドル=107.14円換算)。『ヴェノム』が保持していた10月公開映画のオープニング興収記録8,025万ドルを大きく上回りました。

SNS上に「圧倒されすぎて、寝ても覚めてもジョーカーのことばかり考えてボーっとしてしまう。でも誰かと話したい~!」など誰かと話したくなる映画であることや、「ジョーカー、最高~~。エモい。泣ける映画」「『ジョーカー』切ないに似た気持ちで涙が出ました」「ジョーカー観てから2日経ったけど、また観たくなってきた。名作かもしれん。切ない映画なんだけど」と本作のドラマへの感動の声が続出しています。

さらに繰り返し観る度に新たな発見もあるようで、「ジョーカー 2回目見てきました いろいろなことに気づくことが多くて、驚きが多い映画です」「ジョーカー2回目鑑賞 2回目にして気づくことが色々あった」「観終わった後からジョーカーのことしか考えられなくて、またすぐ見てしまう中毒性高い」「ジョーカー神映画だったので3回目観に行きたい」「ジョーカー2回目見たけど3回目あるな」と、リピート確実の声も挙がっています。

==

『ジョーカー』(原題:Joker)

監督・製作・共同脚本/トッド・フィリップス
共同脚本/スコット・シルバー
製作/トッド・フィリップス、ブラッドリー・クーパー、エマ・ティリンジャー・コスコフ
キャスト/ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ほか

日本公開/日米同日 2019年10月4日(金)全国ロードショー
配給/ワーナー・ブラザース映画
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics.