News

2019.09.10 17:00

【10月1日開催】『第三夫人と髪飾り』Fan’s Voice独占試写会 参加者募集

  • Fan's Voice Staff

女たちの愛と哀しみが眠るベトナムの桃源郷を舞台に、ある豪族のファミリーヒストリーを描く『第三夫人と髪飾り』が10月11日(金)に公開されます。

19世紀の北ベトナム。14歳のメイは絹の里を治める富豪のもとに、三番目の妻として嫁いでくる。穏やかでエレガントな第一夫人には息子がひとり、美しく魅惑的な第二夫人には娘が三人いたが、一族にはさらなる男児の誕生が待ち望まれていた。やがて、まだ無邪気だったメイは、この家では世継ぎを産んでこそ“奥様”になれることを知る。若き第三夫人がやってきたことで静かな里はさざめきたち、女たちのドラマが幕を開けるのだった──。

20世紀中頃まで一夫多妻制が続いていた北ベトナムを舞台に、父権社会で男児を産むことが女の唯一の務めであった時代を生きる女たちの複雑な感情を丁寧に掬い上げた『第三夫人と髪飾り』。愛、思惑、哀しみ、そしてたどり着く一筋の希望。まるで一幅の水彩画に入り込んでしまったかのような世界で語られる一族の“ヒストリー”は大河小説さながらに壮麗で、同時にその甘い官能は観る者を陶酔させてやみません。

舞台となったニンビン省チャンアンは、2014年に世界遺産として登録され、世界中から観光客が訪れるベトナムの秘境です。輝く竹の翠、ランタンに灯る光、石を打つ雨だれの滴と、女たちの纏うアオザイの色彩。スクリーンには壮大な自然を背景に東洋の美が映し出されていきます。

監督を務めたのは、14歳までベトナムで育ち、その後ニューヨーク大学で映画制作を学んだアッシュ・メイフェア。自身の曾祖母の体験をもとにした本作の脚本を巨匠スパイク・リーから激賞され、制作資金の援助を受けました。キャストと共に19世紀の暮らしを数ヶ月間に渡りロケ地で行うといった徹底したこだわりで、実に5年の歳月をかけて本作を完成させました。

『青いパパイヤの香り』『夏至』監督のトラン・アン・ユンが美術監修を手掛け、洗練された空間づくりに貢献したほか、第一夫人のハ役には同監督作の常連で、妻でもあるトラン・ヌー・イエン・ケー。第二夫人スアン役のマイ・トゥー・フオンは、モデル出身で歌手としても活躍しており、冒頭の宴のシーンではその魅惑的な歌声を披露しています。そして第三夫人メイには、映画初出演となるグエン・フオン・チャー・ミー。難しい役どころながら、メイの心の機微を見事に体現しました。使用人のラオには『シクロ』『夏至』で知られる名バイプレーヤー、グエン・ニュー・クインが扮し、夫人たちを支えています。

本国ベトナムをはじめ東南アジア諸国では、一夫多妻のテーマはもとより官能的な描写が大きな物議を醸した一方で、トロント国際映画祭ではNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)、シカゴ国際映画祭では新人監督部門ゴールド・ヒューゴ賞(最優秀作品賞)を受賞。世界の51の映画祭で話題を呼び、批評家からも「まるで熟練した監督の作品のようだ。繊細な詩のようで過激でもある」(The Hollywood Reporter)、「絵画的美しさを湛える本作は、流水や蚕など比喩的な表現に溢れ、そのリズムは夢へと誘うようだ」(LA Times)、「普通は達成するために何十年もかかるような情感と抑制のバランスが見事なデビュー作」(Variety)と絶賛されました。

日本公開に先駆け、10月1日(火)に都内で本作の試写会をFan’s Voice独占で開催します。参加ご希望の方は次の通りご応募ください。応募多数の場合は、抽選とさせていただきますのでご了承ください。

【応募方法】
次の3ステップを完了してください。
①「Fan’s Voice」公式Twitterアカウントをフォローする(@FansVoiceJP
②「Fan’s Voice」によるこちらのツイートをリツイート(RT)する
③下記応募フォームへ必要事項を記入・送信

【応募締切】
第一次締切:2019年9月15日(日)23時59分
第二次締切:2019年9月24日(火)23時59分

※第一次締切時点で、募集枠半数分の当選者を抽選にて決定します。残りの半数は、第二次締切時に抽選を行います。第一次締切の抽選で落選した方は、第二次締切時も抽選の対象とさせていただきます。

『第三夫人と髪飾り』Fan’s Voice独占試写会
日時:2019年10月1日(火)18:30開場/19:00開映
会場:映画美学校 試写室
会場住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS B1F
募集人数:70名(同伴なし;当選者本人のみ参加可)
※上映後ゲストによるトークイベントを実施予定
※上映時間:93分

【ご注意事項】
・第一次締切分のご当選者には、9月16日以降にメールでご連絡いたします。
・第二次締切分のご当選者には、9月25日以降にメールでご連絡いたします。
・当選者ご本人さまのみご参加いただけます。同伴の方はご入場いただけません。
・ご応募は、日本在住の方に限らせていただきます。
・20歳未満の方は保護者の同意を得てからご応募ください。15歳未満の方はご応募いただけません。
・上映中の写真撮影、動画撮影、録音行為はいかなる場合でも禁止いたします。
・開映後の入場は、いかなる理由がございましてもお断りいたします。
・会場までの交通費及び個人的な飲食・宿泊費等は、当選者様ご自身のご負担となります。また、移動中及び会場内での事故等のトラブルについての責任は負いかねます。
・その他、本イベントへのご参加にあたっては、主催者の指示及び会場のルールに従っていただきます。
・都合により、予告なくイベントが変更・中止となる場合があります。予めご了承ください。

==

※スマートフォンからご応募される方で、入力中に画面が突然スクロールするなどの不具合が発生する場合は、こちらのページからご応募ください

==

『第三夫人と髪飾り』(英題:The Third Wife)

脚本・監督/アッシュ・メイフェア
製作/チャン・ティ・ビック・ゴック、アッシュ・メイフェア
出演/トラン・ヌー・イェン・ケー、グエン・フオン・チャー・ミー、マイ・トゥー・フオン(Maya)
2018年/ベトナム/93分/DCP/字幕翻訳:原田りえ/R-15

日本公開/2019年10月11日(金)Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
配給/クレストインターナショナル
公式サイト
© Mayfair Pictures.