News

2019.07.11 14:20

東京コミコン 2019来日ゲスト第1弾発表!セバスチャン・スタン、オーランド・ブルーム、ルパート・グリント!アンバサダーには浅野忠信が就任!

  • Fan's Voice Staff

2019年11月22日(金)〜11月24日(日)に千葉・幕張メッセにて開催される「東京コミコン 2019」の開催決定&アンバサダー発表会見が7月11日(木)に都内で開催され、来日ゲスト第1弾として、セバスチャン・スタン、オーランド・ブルーム、ルパート・グリントの来日が発表されました。

ポップカルチャーの祭典として2016年に初回が開催された東京コミコンは、本年が4度目の開催。これまでに、故スタン・リーをはじめ、マッツ・ミケルセン、トム・ヒドルストン、エズラ・ミラー、マイケル・ルーカーなど、多数の超豪華ゲストが参加しました。

セバスチャン・スタン

初来日となるセバスチャン・スタンは、マーベル・シネマティック・ユニバースの『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズにて、バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役として出演し、世界的な人気を獲得。アンソニー・マッキー演じるサム・ウィルソン/ファルコンとのスピンオフドラマ『The Falcon and The Winter Soldier(原題)』の製作も発表され、今後の活躍がますます期待されています。

ほかにも、『オデッセイ』や『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』などの話題作にも続けて出演し、注目を集めています。

昨年の「東京コミコン 2018」にも来日が予定されていましたが、新作映画の撮影スケジュールの都合により来日が中止となった経緯があり、今回の来日についてセバスチャン・スタンは「こんにちは皆さん、やっと”留置場”(昨年の映画撮影のセット)から出られました。今年は皆さんに会えるのを楽しみにしています。もう少しなので、待っていてください。Sebastian Stan」とメッセージを寄せています。

オーランド・ブルーム

2人目の来日ゲスト、オーランド・ブルームは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに登場するエルフのレゴラス役で一躍有名となり、世界的大ヒット作品『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズではウィル・ターナー役を務め、イケメン俳優として世界中でその名を馳せました。

東京コミコンへの参加は今回が初めてとなりますが、過去に来日した際には、空港に数百人も駆けつけるなど、日本でも非常に高い人気があります。

ルパート・グリント

3人目の来日ゲストのルパート・グリントは、『ハリー・ポッター』シリーズのロン・ウィーズリー役で知られる俳優で、第1作目の『ハリー・ポッターと賢者の石』からシリーズ最終作となる第8作目の『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』まで、約10年に渡ってこの役を演じ切りました。昨年には、主演・製作総指揮を務めたTVドラマ『スナッチ・ザ・シリーズ』も放送され、多岐に渡り活躍する実力派俳優です。東京コミコンへの参加は今回が初めてとなりますが、過去にも数回来日したことがあり、日本が大好きなことでも有名です。

セバスチャン・スタン、ルパート・グリントは期間中全ての日程、オーランド・ブルームは23日(土)・24日(日)に来場予定で、写真撮影会およびサイン会が実施が計画されています。

会見には、「東京コミコン 2019」の広報部長およびメインMCとなった宇垣美里と、アンバサダーに就任した浅野忠信も登壇しました。

「東京コミコン 2019」チケットは、7月22日(月)に3-Day Passが発売されます。

==

東京コミックコンベンション 2019(略称:東京コミコン 2019)

会期:2019年11月22日(金)〜11月24日(日)
会場:幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール
主催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
来場者数:見込み約8万人(3日間)
内容:最新技術を使った様々なゲームや体験、コミックや映画の最新情報、アメリカや世界の製品やレア物グッズ展示、ハリウッドスターとの撮影会・サイン会、ポップカルチャーやテクノロジー分野のリーダー・インフルエンサーによるパネルディスカッション、コスプレコンテスト、ライブパフォーマンス、企業出展(今後発売予定の製品や試作品の出展等)、個人で活動している漫画家やアニメーターの作品展示「アーティスト・アレイ」など。

==

(※)記事初掲時、一部箇所のルパート・グリント氏の氏名表記に誤りがありました。お詫びして訂正させていただきます。