News

2019.06.20 12:53

『アベンジャーズ/エンドゲーム』日本興収60億円を突破!全世界興収は『アバター』超え目前

  • Fan's Voice Staff

現在公開中のマーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ/エンドゲーム』の日本国内での興行収入が、ついに60億円を突破しました。

4月26日(金)の公開から8週目を迎えた6月19日(水)時点で、興行収入は60億420万円、動員は411万912人を記録しています。

日本での公開後、本作はディズニー史上最速となる7日間で30億円を突破(『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(06年)と並ぶ)。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18年)の興行収入をわずか10日間という脅威のスピードで超える凄まじい大ヒットを叩き出しました。

全世界興収は現在27.44億ドルとなっており、あの『タイタニック』(97年)を抜き現在歴代2位。歴代1位の『アバター』(09年)の27.88億ドルまで、あと4400万ドル(約47億円)に迫っています(※記事掲載時、Box Office Mojo調べ)。

日本では公開から約2か月が経つ6月27日(木)をもって上映終了することが決定しており、最後のアベンジャーズを映画館で目撃できるチャンスは、残りわずか1週間。惜しくも劇場での上映最後日となる6月27日(木)には、全国の上映劇場のうち、限定7劇場で1回限りの“ファイナル上映”が開催され、来場者特典として非売品の特製Tシャツが貰えるほか、特別映像の上映も予定されています。20日(木)の0時からチケット発売が開始されるやいなや、サイトにアクセスが殺到、全国7劇場すべてが即完する事態となり、日本を席巻するアベンジャーズの人気の高さを見せつけました。

==

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(原題:Avengers: Endgame)

破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続ける「アベンジャーズ」シリーズが、この春ついに完結。人類の半分が消し去られてしまった地球で、35億の人々と仲間を取り戻すために、アイアンマンたち最強チーム “アベンジャーズ”の最後にして最大の逆襲が始まる!

監督/アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
出演/ロバート・ダウニーJr. ほか

日本公開/2019年4月26日(金)全国ロードショー
配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト
© Marvel Studios 2019 All Rights Reserved.