News

2019.05.09 18:30

※募集終了【5月29日開催】『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』イベント付きジャパンプレミア試写会 参加者募集

  • Fan's Voice Staff

月面からナチスが侵略してくるパニックを描いた大ヒットSFアクション『アイアン・スカイ』の7年ぶりの続編となる『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』が7月12日(金)に全国公開されます。

月の裏側にナチスが秘密基地を建設し、人類を侵略するという規格外の設定で観客の度肝を抜いた2012公開の映画『アイアン・スカイ』。クラウドファンディングでファンから1億円もの資金を集めて映画製作にこぎつけ、その設定はもちろん、ブラックユーモアあふれる内容、そして迫力のバトルシーンが世界を魅了し、脚光を浴びました。そして今回も1.5億円がファンから集まり、前作を遥かに超える超大作SFアクションが完成!(※出典:クラウドファンディングサイトIndiegogoより)

人類は月面ナチスとの戦いに勝利するも、核戦争で自滅し、地球は荒廃してしまった。それから30年後、人々はナチスが月面に作っていた基地で生き延びていたがエネルギーが枯渇し、絶滅の危機を迎えていた。主人公オビは荒廃した地球の深部に新たなエネルギー源があることを知り、人類を救うため、誰も足を踏み入れたことのない〈ロスト・ワールド〉へと旅立つ。しかし、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類絶滅を企て、恐竜とともに地底から攻めてくる──!

主人公である月面基地の機関士を演じるのは、新鋭女優ララ・ロッシ。前作で人気を博した元月面ナチス青年団伍長レナーテ・リヒターをユリア・ディーツェが演じています。ウド・キアは、元月面ナチスの総統ウォルフガング・コーツフライシュ役を続投するほか、本作で初登場する第三帝国の総統アドルフ・ヒトラーも演じ、1人2役を務めています。

『アイアン・スカイ』を生み出したフィンランドの鬼才ティモ・ヴオレンソラ監督は、1979年11月19日フィンランド生まれの39歳。コマーシャルやミュージシャンのプロモーション動画を製作する一方、2005年にSFコメディ映画である『スターレック 皇帝の侵略』を発表し、国内外で高い人気を獲得。

日本のポップカルチャーのファンでもあるヴオレンソラ監督は、前作の公開時にも来日し、2012年フィンランド映画祭のオープニングセレモニー(2012年9月15日)に登場。自身が大ファンと公言するきゃりーぱみゅぱみゅとのコラボレーションが実現し大興奮!また、『機動戦士ガンダム』の生みの親である日本を代表するアニメ監督・富野由悠季氏とニコニコ生放送で対談し、「ガンダム」や『宇宙戦艦ヤマト』を観ていたと熱く語りました。

日本公開に先立ち、本作のティモ・ヴオレンソラ監督が来日!イベント付きジャパンプレミア試写会が、5月29日(水)に都内で開催されます。本イベントに参加ご希望の方は下記フォームよりご応募ください。応募多数の場合は、抽選とさせていただきますのでご了承ください。

【応募方法】
次の3ステップを完了してください。
①「Fan’s Voice」公式Twitterアカウントをフォローする(@FansVoiceJP
②「Fan’s Voice」によるこちらのツイートをリツイート(RT)する
③下記応募フォームへ必要事項を記入・送信

【応募締切】
第一次締切:2019年5月13日(月)23時59分
第二次締切:2019年5月22日(水)23時59分

※第一次締切時点で、募集枠半数分の当選者を抽選にて決定します。残りの半数は、第二次締切時に抽選を行います。第一次締切の抽選で落選した方は、第二次締切時も抽選の対象とさせていただきます。

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』イベント付きジャパンプレミア試写会
日時:2019年5月29日(水)18:00開場/18:30舞台挨拶/19:00開映(予定)
会場:スペースFS汐留
会場住所:東京都東新橋1-1-16 汐留FSビル3F
募集人数:25組50名
舞台挨拶、イベント登壇者: ティモ・ヴオレンソラ監督(予定)
※上映時間:93分
※上映後にグリーティング(写真&サイン)イベントを実施予定

【ご注意事項】
・第一次締切分のご当選者には、5月14日以降にメールでご連絡いたします。
・第二次締切分のご当選者には、5月23日以降にメールでご連絡いたします。
・当選者ご本人さまとご同伴の方1名に限りご入場いただけます。
・当選権および同伴参加権の換金はできません。当選権の譲渡・転売、同伴枠の転売は禁止とさせていただきます。
・ご応募は、日本在住の方に限らせていただきます。
・20歳未満の方は保護者の同意を得てからご応募ください。13歳未満の方はご応募いただけません。
・開演後のご入場・ご退出はお断りします。
・当日はメディア取材が入る可能性があります。お客様が取材等で写り込む場合がありますので予めご了承ください。
・会場までの交通費及び個人的な飲食・宿泊費等は、当選者様ご自身のご負担となります。また、移動中及び会場内での事故等のトラブルについての責任は負いかねます。
・その他、本イベントへのご参加にあたっては、主催者の指示及び会場のルールに従っていただきます。
・都合により、予告なくイベントが変更・中止となる場合があります。予めご了承ください。

==

※スマートフォンからご応募される方で、入力中に画面が突然スクロールするなどの不具合が発生する場合は、こちらのページからご応募ください

==

『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』(原題:Iron Sky : The Coming Race)

2018年、人類は月面ナチスの侵略に勝利するも、自ら引き起こした核戦争で地球が荒廃してしまった。それから30年後、人々はナチスが建設していた月面基地で生き延びていた。しかし、月面基地のエネルギーは限界に達し絶滅の危機に瀕していた。人々が苦しむ姿に機関士のオビは胸を痛めていた。ある日、地球から宇宙船が月に飛来。そこにはロシア人の乗組員のほか、死んだはずの月面ナチス総統ウォルフガング・コーツフライシュが密かに同乗しており、月面基地に忍び込むのだった。何の企みか、ウォルフガングはオビに人類を救う手段を打ち明ける。地球の深部には未開の世界が広がっており、そのエネルギー源を集約する“聖杯”を持ち帰れば人類は救われるというのだ。未曾有の危機に瀕している人類を救うため、オビは仲間たちとともに<ロスト・ワールド>に向けて旅立つ。しかし、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。ヤツらは人類絶滅を企て、恐竜とともに地底から攻めてくるッ!!

監督/ティモ・ヴオレンソラ
脚本/ダラン・マッソン、ティモ・ヴォレンソラ
音楽/ライバッハ
出演/ララ・ロッシ、ウラジミル・ブラコフ、キット・デイル、トム・グリーン、ユリア・ディーツェ、ウド・キアほか
フィンランド・ドイツ・ベルリン/英語/カラー/デジタル/93分/映倫指定:G

日本公開/7月12日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
配給/ツイン
©2019 Iron Sky Universe, 27 Fiims Production, Potemkino. All rights reserved.