News

2019.02.15 19:00

【フォトギャラリー】『アリータ:バトル・エンジェル』公開記念イベントに来日ゲストが登壇!キズナアイとQ&A

  • Fan's Voice Staff

木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」を、巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督が実写化した映画『アリータ:バトル・エンジェル』。公開を来週に控えた2月15日(金)に来日ゲストを迎えた会見イベントが都内で開催されました。

 

 

「『アリータ:バトル・エンジェル』公開記念 究極クリエイターズ・セッション with キズナアイ」と題された本イベントには、来日ゲストとして、主人公アリータ役をモーションキャプチャーで演じた主演ローサ・サラザール、アカデミー賞を2度受賞している名優で、アリータの父親代わりとなるサイバー医師イド役のクリストフ・ヴァルツ、『シン・シティ』などで知られる名匠ロバート・ロドリゲス監督、ジェームズ・キャメロンの長年の盟友で本作でも製作を務めたジョン・ランドーら豪華面々が登壇。

 

さらに特別ゲストとして、自身のYouTubeチャンネル登録者数は350万人を超え、最新テクノロジーと人間の懸け橋になろうと日々奮闘中の”最強のバーチャルYouTuber”キズナアイが登場し、イベントのホストを務めました。

 

来日ゲスト陣に向けたQ&Aを中心に会見形式で進められたイベントでは、キズナアイや会場に詰めかけたプレス陣、YouTubeクリエイターたちから多数の質問が投げかけられられました。

 

途中、スクリーンからキズナアイが突然消えてしまうハプニングがあった際は、ローサ・サラザールが立ち上がり会場内を探し回る素振りを見せるなど、笑いを誘う場面も。キズナアイの隣に座ったクリストフ・ヴァルツは序盤から、「キミは婚約しているの?」と尋ねるなど、キズナアイと仲睦まじく掛け合いを展開し、日本ならではのキュートなホストに来日ゲストもイベントを楽しんだよう。

 

Q&A内容は追って掲載します。

 

       

 

==

 

『アリータ:バトル・エンジェル』(原題:Alita: Battle Angel)

舞台は、“支配する者”と“支配される者”の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。彼女は300年前のサイボーグであり、なんと脳は生身のまま生きていた。イドは、過去の記憶を失っていた少女に新たな機械の身体を与え、アリータと名付けて成長を見守る。ある日、自分の中に並外れた戦闘能力が眠っていることに気づいたアリータは、自分が300年前に失われたテクノロジーで創られた“最強兵器”だということを知る。逃れられない運命に直面した少女は、与えられた自分の命の意味を見つけるために、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅に出る──。

 

原作/「銃夢」木城ゆきと
脚本・製作/ジェームズ・キャメロン
監督/ロバート・ロドリゲス
出演/ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか

 

日本公開/2019年2月22日(金)全国ロードショー
配給/20世紀フォックス映画
公式サイト
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation