News

2019.02.11 7:00

【受賞一覧】英国アカデミー賞(BAFTA)2019は『女王陛下のお気に入り』が最多7部門で受賞!

  • Fan's Voice Staff

第72回英国アカデミー賞(BAFTA)の受賞結果が、英国時間2月10日(日)に発表されました。

 

最優秀作品賞を受賞したのは、アルフォンソ・キュアロンの『ROMA/ローマ』!本作は他に監督賞、撮影賞、外国語映画賞などの重要賞を受賞。

 

最多12ノミネートを獲得していたヨルゴス・ランティモスの『女王陛下のお気に入り』が最優秀英国映画賞を含む最多7部門で受賞しました。オリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズという英国映画界が誇る演技派が主演、助演女優部門を制覇。

 

主演男優賞は、『バイス』のクリスチャン・ベールを抑えてラミ・マレックが受賞。監督のブライアン・シンガーのスキャンダルが賞レースに大きな影響を与えた『ボヘミアン・ラプソディ』ですが、作品の大ヒットと人気に支えられ、主演男優賞、作曲賞の2冠に輝きました。

 

以下、受賞結果とノミネーション一覧です(★=受賞)。

 

作品賞

『ブラック・クランズマン』
『女王陛下のお気に入り』
『グリーンブック』
★『ROMA/ローマ』
『アリー/ スター誕生』

 

英国作品賞

『Beast』
『ボヘミアン・ラプソディ』
★『女王陛下のお気に入り』
『McQUEEN』
『僕たちのラストステージ』
『ビューティフル・デイ』

 

英国新人賞

『Apostasy』ダニエル・ココタジョ(脚本・監督)
★『Beast』マイケル・ピアース(脚本・監督)、ローレン・ダーク(製作)
『A Cambodian Spring』クリス・ケリー(脚本・監督・製作)
『Pili』リアン・ウェルハム(脚本・監督)、ソフィー・ハーマン(製作)
『Ray & Liz』リチャード・ビリンガム(脚本・監督)、ジャッキー・デイヴィス(製作)

 

監督賞

スパイク・リー『ブラック・クランズマン』
パヴェウ・パヴリコフスキ『COLD WAR あの歌、2つの心』
ヨルゴス・ランティモス『女王陛下のお気に入り』
★アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』

 

主演男優賞

ブラッドリー・クーパー『アリー/ スター誕生』
クリスチャン・ベール『バイス』
★ラミ・マレック『ボヘミアン・ラプソディ』
スティーブ・クーガン『僕たちのラストステージ』
ヴィゴ・モーテンセン『グリーンブック』

 

主演女優賞

グレン・クローズ『天才作家の妻 40年目の真実』
レディー・ガガ『アリー/ スター誕生』
メリッサ・マッカーシー『Can You Ever Forgive Me?』
★オリヴィア・コールマン『女王陛下のお気に入り』
ヴィオラ・デイヴィス『妻たちの落とし前』

 

助演男優賞

アダム・ドライバー『ブラック・クランズマン』
★マハーシャラ・アリ『グリーンブック』
リチャード・E・グラント『Can You Ever Forgive Me?』
サム・ロックウェル『バイス』
ティモシー・シャラメ『ビューティフル・ボーイ』

 

助演女優賞

エイミー・アダムス『バイス』
クレア・フォイ『ファースト・マン』
エマ・ストーン『女王陛下のお気に入り』
マーゴット・ロビー『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
★レイチェル・ワイズ『女王陛下のお気に入り』

 

脚本賞

ヤヌス・グロワキ、パヴェウ・パヴリコフスキ『COLD WAR あの歌、2つの心』
★デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』
ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー、ニック・ヴァレロンガ『グリーンブック』
アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』
アダム・マッケイ『バイス』

 

脚色賞

★スパイク・リー、デビッド・ラビノウィッツ、チャーリー・ワクテル、ケビン・ウィルモット『ブラック・クランズマン』
ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ『Can You Ever Forgive Me?』
ジョシュ・シンガー『ファースト・マン』
バリー・ジェンキンス『ビール・ストリートの恋人たち』
ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ、エリック・ロス『アリー/ スター誕生』

 

外国語映画賞

『Capernaum』
『COLD WAR あの歌、2つの心』
『Dogman』
★『ROMA/ローマ』
『万引き家族』

 

ドキュメンタリー賞

★『Free Solo』
『マックイーン:モードの反逆児』
『RBG 最強の85才』
『They Shall Not Grow Old』
『まったく同じ3人の他人』

 

アニメーション映画賞

『インクレディブル・ファミリー』
『犬ヶ島』
★『スパイダーマン:スパイダーバース』

 

作曲賞

テレンス・ブランチャード『ブラック・クランズマン』
ニコラス・ブリテル『ビール・ストリートの恋人たち』
アレクサンドル・デスプラ 『犬ヶ島』
マーク・シャイマン『メリー・ポピンズ リターンズ』
★ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガ、ルーカス・ネルソン『アリー/ スター誕生』

 

撮影賞

ニュートン・トーマス・サイジェル『ボヘミアン・ラプソディ』
ウカシュ・ジャル『COLD WAR あの歌、2つの心』
ロビー・ライアン『女王陛下のお気に入り』
リヌス・サンドグレン『ファースト・マン』
★アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』

 

編集賞

ジョン・オットマン『ボヘミアン・ラプソディ』
ヨルゴス・モブロプサリディス『女王陛下のお気に入り』
トム・クロス『ファースト・マン』
アルフォンソ・キュアロン、アダム・ガフ『ROMA/ローマ』
★ハンク・コーウィン『バイス』

美術賞

スチュアート・クレイグ、アナ・ピノック『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
★フィオナ・クロムビー、アリス・フェルトン『女王陛下のお気に入り』
ネイサン・クロウリー、キャシー・ルーカス『ファースト・マン』
ジョン・マイヤー、ゴードン・シム『メリー・ポピンズ リターンズ』
ユージーニョ・カバレロ、バルバラ・エンリケス『ROMA/ローマ』

 

衣装デザイン賞

メアリー・ゾフレス『バスターのバラード』
ジュリアン・デイ『ボヘミアン・ラプソディ』
★サンディ・パウエル『女王陛下のお気に入り』
サンディ・パウエル『メリー・ポピンズ リターンズ』
アレクサンドラ・バーン『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

 

メイクアップ&ヘア賞

マーク・クーリエ、ジャン・シーウェル『ボヘミアン・ラプソディ』
★ナディア・ステイシー『女王陛下のお気に入り』
ジェニー・シャーコア『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
マーク・クーリエ、ジェレミー・ウッドヘッド『僕たちのラストステージ』
『バイス』※ノミネート者未定

 

音響賞

★『ボヘミアン・ラプソディ』
『ファースト・マン』
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
『クワイエット・プレイス』
『アリー/ スター誕生』

 

視覚効果賞

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
★『ブラックパンサー』
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
『ファースト・マン』
『レディ・プレイヤー1』

 

英国短編アニメーション賞

『I’m OK』
『Marfa』
★『Roughhouse』

 

英国短編映画賞

★『73 Cows』
『Bachelor』
『The Blue Door』
『The Field』
『Wale』

 

ライジング・スター賞

バリー・コーガン
シンシア・エリヴォ
ジェシー・バックレイ
ラキース・スタンフィールド
★レティーシャ・ライト