News

2018.12.07 7:22

ハリー・ポッター魔法ワールド 全世界累計興行収入1兆円突破

  • Fan's Voice Staff

『ハリー・ポッターと賢者の石』から『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』までの全10作に渡るハリー・ポッター魔法ワールド作品の世界興行収入の累計が、1兆0211億8174万2623円となり、1兆円の王台を突破しました。

 

 

11月23日(金・祝)より日本全国359館、1008スクリーンで公開されている最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。全国津々浦々、幅広い層が劇場に足を運び、73.4億円の大ヒットを記録した前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の初日の数字を大きく上回るロケットスタートを切りました。

 

平日も高い数字での推移となったことから、公開から7日間で20億円を突破し、2週目も動員ランキング1位を獲得。前作より2日早く動員200万人を突破しました。12月5日時点の国内興行収入は32億2,031万7,000円となり、公開から11日間で、興行収入30億円を突破。動員も延べ約230万人と、絶好調で推移しています。また、世界的にも動員は好調で、世界興行でも3週連続No. 1を獲得。80か国での世界興行収入は588億円 (1ドル=112.7円)に上り、まだまだその勢いが止まらないことから、どこまで数字を伸ばすのか、世界中の注目を集めています。

 

字幕や吹替版、3Dや4Dなど、あらゆるシステムで上映されていることから、複数回ファンタビを観るリピーターが続出。今週金曜には、ファンタビの2作品をイッキ見する、オールナイト“応援上映”イベントも実施予定で、チケットは既に完売の人気ぶり。3週目の週末に向けてファンタビがますます盛り上がりそうです。

 

==

 

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐。果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

 

監督/デイビッド・イェーツ
脚本/J.K.ローリング
プロデューサー/デイビッド・ヘイマン
出演/エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、ゾーイ・クラヴィッツ、カラム・ターナー、クローディア・キム、ウィリアム・ナディラム、ケビン・ガスリー、カーメン・イジョゴ、ポピー・コービー=チューチ、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ

 

日本公開/2018年11月23日(金・祝)全国ロードショー 3D/4D/IMAX 同時公開
配給/ワーナー・ブラザース映画
公式サイト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.