News

2018.11.08 16:00

『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』”BBC”誕生の瞬間を捉えたシーン映像が公開!劇場キャンペーンも実施

  • Fan's Voice Staff

『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートと『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンという人気若手俳優二人が初共演し、アメリカで実在した男性限定社交クラブのスキャンダルを描く映画『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』より、本編クリップ映像が公開!投資グループ<BBC>誕生の瞬間を捉えた、重要なシーンが解禁されました。

 

 

偶然の再会を果たした高校時代のクラスメイトであるジョー(アンセル・エルゴート)とディーン(タロン・エガートン)は、ディーンの仲間であるビバリーヒルズ屈指の金持ちの若者達から出資を募り、ジョーが以前から計画していた金(ゴールド)への投資の儲け話を軸に一大事業を始める計画を練ります。そのプレゼンの直前、ディーンが彼らから借りたお金で投資していた金が数時間のうちに大暴落。この場面は、真実を話すべきか良心の呵責に苛まれていたジョーが“覚悟”を決め、渾身のプレゼンを繰り広げるシーンです。

 

映像の冒頭、不安げな表情を浮かべていたジョーは、悩んだ結果マイナスの帳簿をプラスに書き換えるという“斬新な手法”を選び、何かを吹っ切ったかのような自信に満ちた表情で、メンバー達に向けて新事業の理念を語り始めます。持ち株会社であり、投資グループであり、社交クラブでもあるというこのBBCの事業計画は、それまで自分で何かをなした訳ではない彼ら若者達の自尊心をくすぐるもの。ともに準備をしてきたディーンでさえ、別人のようであるジョーの様子に驚きを隠せない様子。この後、華々しくスタートを切り、少しずつの嘘を重ねながら急成長していくBBCは、大きなリスクをはらんでいることも見て取れる場面です。

 

 

また、本作の公開を記念して、全国の上映劇場にて限定グッズプレゼントキャンペーンが実施されることに。1週目:アンセル・エルゴートBBCゴールド名刺(配布期間:11/10(土)~なくなり次第終了)、2週目:タロン・エガートンBBCゴールド名刺(配布期間:11/17(土)~なくなり次第終了)となります。いずれもお1人様1回の鑑賞に対して1枚のプレゼント。配布劇場は映画公式サイトに掲載されています。

 

 

さらに、新宿武蔵野館では映画公開に合わせてユニークな劇場企画を展開中。劇場ロビーでビリオネア・ボーイズ・クラブのオフィスに見立てたパネルが設置され、椅子に座って一緒に撮影ができるだけでなく、デスクにばら撒かれたオリジナル札束は、なんと持ち帰り自由!(束でのお持ち帰りはご遠慮ください/終了日未定)。さらに、オリジナルメニュー【BBCドッグ】が11/10(土)より発売されることが決定(価格:税込500円)!BBC=ベーコン・バーベキューソース・チーズとのこと。購入者には先着でポストカードもプレゼントされるそう(ポストカードはドッグ購入時に1人1枚のお渡し/数量限定・先着順)。

 

==

 

『ビリオネア・ボーイズ・クラブ(原題:Billionaire Boys Club)』

1983年、高校の同級生だった金融の専門家ジョーとプロテニス選手のディーンは、上流階級が集う商談の場で偶然にも再会を果たす。ディーンは、以前から計画していた“金(ゴールド)”で投資をする儲け話をジョーに持ち掛け、ビバリーヒルズ屈指の富裕層である友人たちを説得して「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)」を結成する。カリスマ性と野心を持ったジョーは、少しずつ詐欺を重ねていく。しかし、彼らの贅沢な暮らしと大きな利益により、積み重なる詐欺に気づく者はいなかった。ロサンゼルスの社交界―金とセックスとセレブの世界―で有名になった彼は、ついに敏腕トレーダー・ロンからも融資金を騙し取り、さらなる成長を遂げる。しかしある日、ある人物の裏切りによってクラブは窮地に追い込まれるのだったー

 

監督/ジェームズ・コックス
出演/アンセル・エルゴート、ケビン・スペイシー、タロン・エガートン、エマ・ロバーツほか
2018年/アメリカ/カラー/シネマスコープ/英語/108分

 

日本公開/2018年11月10日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
配給/プレシディオ
協力/エイベックス・ピクチャーズ
公式サイト
© 2017, BB Club, LLC. All rights reserved.