News

2018.02.28 8:00

東京タワーの眼前で跪くジプシー・アベンジャー!『パシフィック・リム:アップライジング』日本オリジナル本ポスターが完成!

  • Fan's Voice Staff

日本をはじめ、全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』(13年)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月13日(金)に日本公開されます!

 

 

戦いは終わりではなく、始まりだった――。
前作で描かれた人類とイェーガー対KAIJUの死闘から10年が経過。平和を取り戻していた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。よりスタイリッシュにパワーアップした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは、迫り来るKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか?『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(15年)』、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17 年)で、メイン・キャラクターのフィン役への大抜擢され一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガが主演、前作から引き続き登場するKAIJUオタクの“ニュート”ことニュートン博士(チャーリー・デイ)や森マコ(菊地凛子)ら人気キャラクター、さらに新キャストとして新田真剣佑も登場します。

 

監督は、前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにし本作にも製作として参加しているギレルモ・デル・トロ監督の意志を継ぐ、スティーヴン・S・デナイト。昨年12月には緊急来日し、日本のファンを煽りに煽り大いに盛り上げました。

 

前作を凌駕する興奮をもたらすに違いないと期待される今作、このたび完成した日本オリジナル本ポスターは、朝焼けに染まる東京のド真ん中で、傷を負い、片膝をつきながらも、右腕のチェーンソードや胸元のタービン、そして鋭い眼光を光らせながら臨戦態勢を取る新イェーガー、ジプシー・アベンジャーの姿が映し出されています。さらなる進化を遂げ人類に襲いかかるKAIJUと、パワーアップした新イェーガーたちの壮絶な死闘はいかに!また、手前の足場に立つ二人の人物はパイロットスーツを着ているようにも見えます。

 

KAIJUの脅威に屈することなく、いままさに再び立ち上がらんとする瞬間を捉えた胸アツ必至の本ポスターは、ティザーポスターに引き続き、本国のフィルムメーカーの日本へのリスペクトからオリジナルデザインの制作そのものが特別措置として認められた、世界で唯一の完全オリジナルのデザインです!

 

スティーヴン・S・デナイト監督は「私は日本の怪獣映画を見て育ったんだ。そのときの想いを反映したかったから最終決戦の地を東京にしたよ!初代『ゴジラ』の時から、東京での大戦闘が好きなんだ。進化したホログラクィックな美しい東京なんだけど、もちろんそれを破壊する!(笑)」と、クライマックスの舞台を自身が愛し、本作のルーツともいえる日本・東京に設定したことを激白!さらに「この作品の大事な点であり、『パシフィック・リム』で好きなのは人間味。巨大イェーガーの中にいるのは「自分×1000」なんだ。そして今回、イェーガーと操縦するパイロットの動きをもっと自由にしたかった。様々な技を極められるようになり、私たちも大興奮だ!」と豪語。期待がもてそうですね!

 

『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月13日(金)日本公開予定。また2月9日から全国の劇場にて販売されているムビチケカードには、ジプシー・アベンジャーのスイングマスコット(クリアブルーver.)が特典として付属してますよ!

 

==

 

『パシフィック・リム:アップライジング』(原題:PACIFIC RIM UPRISING)

監督/スティーヴン・S・デナイト

脚本/エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー

製作/ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス

キャスト/ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか

全米公開/2018年3月23日(予定)

 

日本公開/2018年4月13日(金) 全国超拡大ロードショー

配給/東宝東和

公式サイト

©Legendary Pictures/Universal Pictures.