News

2017.12.04 19:35

ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』が第68回ベルリン国際映画祭オープニング作品に決定!

  • Fan's Voice Staff

アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集するウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』が、2018年2月15日(現地時間)に開幕する第68回ベルリン国際映画祭のオープニング作品に決定しました!

 

 

独特な世界観で数多くの映画ファンを魅了するウェス・アンダーソン監督は、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大映画祭の常連でもある米国の新世代を代表する監督です。特にベルリン映画祭は、 前作『グランド・ブタペスト・ホテル』(14年)もオープニングを飾り、審査員グランプリの銀熊賞を受賞した相性のいい映画祭。『犬ヶ島』もコンペティション部門にもノミネートされているため、いよいよ最高賞の金獅子賞が期待されます!

 

『犬ヶ島』は日本を舞台としたストップモーション・アニメ。失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険の物語です。声優陣は、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連のメンバーに加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結。さらに日本人ボイスキャストとして、RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙らといった日本を代表する異色なキャスト陣の参加が決定しています。

 

天才監督・ウェス・アンダーソン監督の視点を通じた日本のカルチャーを世界へ発信する一大プロジェクト『犬ヶ島』は、世界の観客の目にどのように写り込むのか?ベルリン国際映画祭でワールドプレミアされた後、2018年春に日本を含む全世界で公開予定です。

 

<ベルリン国際映画祭、ウェス・アンダーソン監督作品参加歴>

第52回 (2002年)
『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』 コンペティション部門

 

第55回 (2005年)
『ライフ・アクアティック』  コンペティション部門

 

第64回 (2014年)
『グランド・ブタペスト・ホテル』 オープニング作品 コンペティション部門、審査員グランプリ(銀熊賞)受賞

 

==

 

『犬ヶ島』(原題:Isle of Dogs)

20世紀FOX配給、2018年春、全世界公開!

 

© 2017 Twentieth Century Fox