【レビュー】SF作品としての映画『アリータ:バトル・エンジェル』──“人間”であることと“機械”であること

『タイタニック』、『アバター』のヒットメーカー、ジェームス・キャメロンが、ギレルモ・デル・トロから勧められた本城ゆきとのSF漫画「銃夢」を読み、実写映画化を夢みてから20数年。キャメロンが脚本・製作を手がけ、ロバート・ロ … 続きを読む 【レビュー】SF作品としての映画『アリータ:バトル・エンジェル』──“人間”であることと“機械”であること