News

2018.09.14 13:08

いよいよ明日9月15日公開!『顔たち、ところどころ』JRよりビデオメッセージが到着

  • Fan's Voice Staff

行先は、はじめてなのになつかしい あの場所

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆者で、長年の功績を称えられカンヌ国際映画祭やアカデミー賞で名誉賞を受賞しているフランス映画界の巨匠アニエス・ヴァルダ。大都市から紛争地帯まで様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレートを貼り出すアートプロジェクトで知られる、アーティストで写真家のJR(ジェイアール)。

 

 

映画『顔たち、ところどころ』は、そんな年の差54歳のふたりがフランスの田舎街を旅しながら人々とふれあい、一緒に作品を作り残し、時には思い出を振り返りながら友情を深めるロード・ムービースタイルのドキュメンタリーです。2017年のカンヌ国際映画祭でドキュメンタリー賞を受賞、本年のアカデミー賞ではドキュメンタリー賞にノミネートされるなど、世界的に高く評価された朱玉の映画です。

 

 

この度、アニエスの旅の相棒となったJRから、日本のファンへビデオメッセージが到着!ビデオメッセージでは、JRがこのフォト・トラックで日本を旅した事を明かし、「日本での公開をとても嬉しく思います」と語ります。また、「この映画でアニエスと出会えて、2人は恋に落ち…」と本作におけるアニエスとの2人旅をふりかえる場面も。

 

世界中を笑顔にした傑作『顔たち、ところどころ』は、9月15日(土)より全国順次公開です。

 

JR

 

1983年、パリ近郊で生まれる。10代の頃からグラフィティ・ペインティングを始め、17歳のときにパリの地下鉄で拾ったカメラで、自分と仲間たちによるストリートアートの写真を撮って街の壁に貼り付けるようになる。以来、自らを「photograffeur(フォトグラファー)=フォトグラファー+グラフィティ・アーティスト」と称し、ケニアのゲットー、ブラジルの貧民街、パレスチナの分離壁、東日本大震災後の日本など、各国の壁を展示場所として、人々の巨大ポートレートを貼り、世界で最も注目されるアーティストの一人となる。匿名を守り、作品に何の解説も加えず、見る人に解釈してもらうことを基本的なスタンスとしている。2010年に非営利団体メディアのTED Prizeを受賞し、そこで得た賞金10万ドルで個人参加型の「Inside Out」プロジェクトを開始。そのアジア初の展示が東京・ワタリウム美術館で2013年に開催された。現在はパリとニューヨークを拠点に活動している。

 

==

 

『顔たち、ところどころ』 (英題:Faces Places)

監督・脚本・ナレーション/アニエス・ヴァルダ、JR
出演/アニエス・ヴァルダ、JR
音楽/マチュー・シェディッド(-M-)
2017年/フランス/89分/1:1.85/5.1ch/DCP/字幕翻訳:寺尾次郎

 

日本公開/2018年9月15日(土)より、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
配給・宣伝/アップリンク
公式サイト
© Agnès Varda – JR – Ciné-Tamaris – Social Animals 2016.