News

2018.08.10 8:00

『アリータ:バトル・エンジェル』最新画像到着!原作者&ジェームズ・キャメロンの絶賛コメントも

  • Fan's Voice Staff

SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説的漫画「銃夢」を、巨匠ジェームズ・キャメロンが『アリータ:バトル・エンジェル』として映画化!12月21日(金)より日本公開されます。

 

この度、主人公“アリータ”の新着画像が公開!さらに原作者である木城ゆきと氏と、製作・脚本を務めるジェームズ・キャメロンからコメントが到着しました。

 

 

「原作の漫画は斬新で想像力に富み、最先端をいっている」と、原作を絶賛し続けるキャメロンは、25年間も本作の映画化を切望してきました。本作の主人公について、「アリータの目は巨大で、顔はハート型、ボディも漫画通りで、非の打ちどころがない(キャラクター)」と話し、到着した画像からも見て取れるように、原作を再現したというリスペクトと同時に、現代だからこそ描ける表現に自信を覗かせます。

 

また、キャメロンから絶大なリスペクトを受けた木城は、最新の予告編を観て「最初は目が大きいので、びっくりしましたが、何シーンか見ているとすぐに気にならなくなり、水に沈む宇宙船を探検するシーンでの水に濡れたアリータは”かわいい!”と思うまでになりました。みなさんもすぐに好きになってくれると思います」と、自身が描いた漫画同様に“アリータ”が好感を抱かせるキャラクターであると太鼓判を押します。

 

加えて世界観の表現について木城は、「『アリータ:バトル・エンジェル』のサイボーグボディの半透明描写や緻密なメカ、アイアン・シティのすさまじい情報量のロングショットなど、僕がマンガ原作やイラストで表現したくても出来なかったことを高度に描き出しているのを見て僕が思ったことは、“ありがとう!これが僕が30年前に見たかった映像だ!”というのと、“映画表現がうらやましい!”ということです」と、感激の様子。

 

これまでキャメロンが手がけてきた『タイタニック』(97年)や『アバター』(09年)を凌ぐ、未だかつてない圧倒的な映像で描かれる本作。キャメロンが25年も育ててきた大切な作品で監督を任されたロバート・ロドリゲス監督は、「アリータはジェームズが生んだサラ・コナー(『ターミネーター』)や、リプリー(『エイリアン』)に似ているが、2人が戦士として目覚めていくのに対して、アリータ最初から戦士で、逆に心を見つけ出す。ジェームズはそこに興味を持ったし、僕も同じだ」と、アリータというキャラクターの魅力について語ります。「脚本を読んでアリータや、キャラクター達へ親近感を覚え、全員に感情移入できた。絶対に忘れちゃいけないのは人間性だ」

 

キャメロンがこれまで描いてきたヒーロー・ヒロインとは違った魅力を持つアリータが、原作者絶賛の目を見張る映像でどのように描かれるのか?期待が高まります!

 

==

 

『アリータ:バトル・エンジェル』(原題:Alita: Battle Angel)

支配する者と支配される者の二重世界で構成された未来。サイバー医師のイドは、荒廃した瓦礫の中から少女の人形の頭部を拾い上げる。その中にはなんと脳が生身のまま生きていた。イドはその頭に新しい機械の身体を与え、蘇らせた。そして過去の記憶を一切なくしたサイボーグの少女は、アリータと名付けられた。父親代わりのイドや友達に見守られ成長するアリータだが、ふとしたきっかけから自分は300年前に失われた技術で造られた最強の兵器だということに気付いてしまう。だが、人の温かさに触れ、心を持った少女は、悲惨な世界を前にして、自らの運命に目覚め始める。少女の心を持つ最強兵器アリータの世界を変える壮大な旅が始まる──。

 

原作/「銃夢」木城ゆきと
脚本・製作/ジェームズ・キャメロン
監督/ロバート・ロドリゲス
出演/ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリほか

 

日本公開/2018年12月21日(金)全国ロードショー
配給/20世紀フォックス映画
公式サイト
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation