Report

2018.06.10 21:00

『ニンジャバットマン』岩浪音響チームによる驚愕の”時空震サウンド”上映体験レポート

  • Manatee

世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに”悪 vs. 正義”の時空を超えた壮大なバトルを日本のトップクリエイターたちが描く、戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』。

 

日本から世界に放つ本作の迫力の映像を手がけたのは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像で観客の度肝を抜き、アニメ『ポプテピピック』で一躍注目を浴びている、水﨑淳平監督率いる神風動画です!

 

キャラクターデザインは、和のテイストと力強さで世界中に多くのファンを持つ『アフロサムライ』の岡崎能士。脚本は『天元突破グレンラガン』をはじめアニメ・実写・演劇とマルチに活躍する劇団☆新感線の中島かずき。音楽は『PSYCHO-PASS サイコパス』の菅野祐悟。キャストには、現代のハイテクから切り離されたヒーロー・バットマンの声優を山寺宏一、 歴史改変を目論む最狂の愉快犯・ジョーカーの声優を高木渉が演じるほか、人気・実力ともにトップクラスの人気声優陣が大結集しました。

 

時空震サウンドとは?

本作でもう一つ注目されているのが、岩浪美和氏による音響。岩浪氏は、「ガールズ&パンツァー」の極爆上映が注目されるきっかけを作った人物で、岩浪音響チームが担当した本作は、「時空震サウンド」と名づけられた特別音響での上映が一部劇場で実施されることでも話題です。

 

「時空震サウンド」上映館では、岩浪音響監督が各劇場に直接足を運び、最高の音響で体験できるようにスクリーンの規模などに合わせて細かく調整された、まさに”極上の音響”を楽しめます。

 

公開に先駆けて特別に「時空震サウンド」としてドルビーアトモス上映を体験できる貴重な試写の模様をレポートしたいと思います。

 

試写会場となったのは、都内某所にある音響スタジオのダビングルーム。ここは、ドルビーアトモスの劇場用素材が再生できる、都内でも珍しい場所です。通常の試写室とは異なり、アーロンチェアに座りゆったりとした環境で極上の音を楽しめる、贅沢な空間です。

 

上映前には、水﨑監督と岩浪音響監督がご挨拶。

 

岩浪音響監督(左)と水﨑監督

 

水﨑監督「自分は、色味とか画面、動きとか、画質を完璧な状態でスクリーンで観たいなといつも思っていて、その辺をいろいろな各所で実現しているのですが、今回のアトモス上映というのは、岩浪さんにとっての完成形というか、これ以外ないと本人も思っているくらいだと思います。その真髄を楽しんでいただけたらと思います」

 

岩浪音響監督「アメリカの世界的なヒーロー、バットマンを日本のアニメや特撮、戦隊モノやいろんなエッセンスを含めた面白おかしい神輿で担ぎ上げる、お祭りみたいな映画です。それにふさわしい音響は、やはり最先端のドルビーアトモスで作りたいということで、ワーナーさんには無理を言って、勝手に作っちゃいました(笑)。アメリカでもイベント上映はありますが、アトモスでは観れません。アトモスで観れるのは、日本の一部劇場だけですので、楽しんでいただけたらと思います」

 

上映を終えて

筆者は既に通常の試写室環境で本作を観賞していましたが、上映早々からその差は歴然と感じ取ることができました。まさに360度全方向から豊かな音が全身を包む、最高のサウンド体験。

 

壁面だけではなく、天井や会場前方にもサラウンドスピーカーが配置されたドルビーアトモスの特性とマッチしたシーンも多数登場する本作。とあるシーンでは、部屋の中にいるキャラクターが、動き回りながら様々な方向から話しかけてくる敵の声に対し右往左往するという場面があるのですが、この時空震サウンドでは、本当に自分の頭上を相手の声が動き回り、敵がどこにいるのかと戸惑う画面内のキャラクターと同じ感覚を味わうことができました。また、いろいろなモノの飛ぶ音も特にリアルに伝り、こうもりや手裏剣は試写室の中をまさに飛んでいくようで、ドルビーアトモスの実力が遺憾なく発揮されているのを実感できる瞬間が多くありました。

 

様々な音の重なりがクリアに伝わる明瞭なサウンドも、特筆すべきところです。車や街頭広告の騒音あふれる現代のゴッサム・シティとは全く異なる、風のそよぐ音や虫の鳴き声、シーンにより表情を変える水の音といった、戦国時代の自然を感じさせる環境音を、「時空震サウンド」は奥行き深く、なめらかに表現します。一方で、爆発音は腹の底にまでズッシリ響き、刀がぶつかり合うシャープな音まで、アクションシーンでもメリハリのある見事な音響が全身を包みました。

 

本試写を上映室センターやや後方の席で一緒に観賞した水﨑監督。終映後、圧倒的なサウンドの余韻に参加者が浸る中で、開口一番「これでお客さんに届けたい」と力説していたのが印象的でした。

 

 

本作のドルビーアトモス「時空震サウンド」上映は一部劇場での実施となり、詳細は公式サイトにて発表されています。公開後は、通常上映と「時空震サウンド」両方で観賞し、その差を比べてみるのもオススメです!ニンジャバットマンは6月15日(金)より全国公開です。

 

==

『ニンジャバットマン』(米題:BATMAN NINJA)

現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

 

キャスト/山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人、田中敦子、諏訪部順一、チョー、森川智之、三宅健太、梶裕貴、河西健吾、小野大輔、石田彰、大塚芳忠
監督/水﨑淳平
脚本/中島かずき
キャラクターデザイン/岡崎能士
音楽/菅野祐悟
アニメーション制作/神風動画

 

日本公開/2018年6月15日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー
公式HP
Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC