Report

2017.08.10 10:38

『Marvel ザ・ディフェンダーズ』試写会にチャーリー・コックス&フィン・ジョーンズ来場!

  • Kyo Infinity

マーベル・コミックス原作の映像作品の中でも最も革新的であるとコアなファンから絶讃されているのが、配信サービスNetflixによるオリジナルドラマシリーズです。目の不自由な弁護士マット・マードックが主人公の『Marvel デアデビル』、美貌と怪力を備えた私立探偵の『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』、“ハーレムのキャプテン・アメリカ”の異名をもつ元囚人の『Marvel ルーク・ケイジ』、秘境の厳しい修行によって鋼の拳を手にいれたダニー・ランドこと『Marvel アイアン・フィスト』。

 

そして、ニューヨークの街を舞台に活躍するそんな4人のヒーローが結集する新シリーズが『Marvel ザ・ディフェンダーズ』です。“世界を守る”アベンジャーズに対して、“我らが愛するニューヨークの街を守る”等身大のヒーローたち。2017年8月18日(金)の全世界同時オンラインストリーミングを前に、8月7日(月)に都内にて第1話の試写会イベントが開催され、そこになんと“デアデビル”ことチャーリー・コックスと“アイアン・フィスト”ことフィン・ジョーンズが来場!貴重な裏話も飛び出しました。

 

フィン・ジョーンズ(左)とチャーリー・コックス(右)

 

ファン待望!第1話の試写をヒーローたちと観る

2015年の『Marvel デアデビル』シーズン1からスタートしたMarvel × Netflixのプロジェクト。『Marvel ザ・ディフェンダーズ』は、それぞれのシリーズの衝撃的な最終回から繋がっているので、ファンにとっては冒頭から興奮MAX!自宅のモニターで見るのとはスケールの違うスクリーンに映るNetflix、Marvelのロゴから本編が始まると、会場は一体感に包まれました。

 

そんな会場に集まったファンと気持ちを共有したいと、最後部座席にはチャーリーとフィンが。場内の明転と同時に、歓声が湧き上がりました。

 

トークセッションでは

スクリーニングの後のトークイベントでは、司会進行役として翻訳家&ライターの光岡三ツ子氏と、アメコミ大好き芸人の竹若元博(バッファロー吾郎)氏がまず登場。続いて、マットとフィンが登壇!

 

フィンは「日本はとにかく大好き。昨日はチャーリーと一緒に鎌倉で大仏を見たり、泳いだり、寿司を食べに行ったりしたよ」と、すでにお仕事の前に日本でバカンスを満喫したことを告白。

 

 

また、会場のファンが持つ自作のうちわ(アイドルのイベントでよくみるアレですね)に興味津々。

 

デアデビルとアイアン・フィストが揃う贅沢!

さて、トークの内容も簡単に紹介しておきましょう。

 

Q. 『ザ・ディフェンダーズ』公開が近づいていますが今の心境は?

チャーリー「とにかくワクワクしています。第2話以降はあと2週間経てば見られるので、みなさん楽しみにしていてください」

フィン「僕も楽しみにしているよ。とにかく頑張って撮影したからね。みんなに見てもらえるのがとても楽しみです」

 

Q.これまでになかった新しい戦い方やアクションは登場しますか?

 

チャーリー「今まで一人一人闘っていた4人が一つのチームとして闘う様子が描かれているのでこれまでとは違う姿が見られると思います」

Q. “ディフェンダーズ”の中で自分と共通する部分を持つキャラクターは誰でしょうか?

チャーリー「自分はダニー(ダニエル)・ランド(アイアン・フィスト)かな」

フィン「そう思いたいだけでしょ(笑)」

チャーリー「ダニーは熱くて前向き、マット・マードック(デアデビル)は落ち着いていて本心を見せないキャラクター。僕はダニー寄りかな。フィンはジェシカ・ジョーンズに似ているよ」

フィン「それって褒め言葉だよね?(笑)」

Q. 個々の作品の撮影と『ザ・ディフェンダーズ』の違いは?

フィン「『アイアン・フィスト』を6ヶ月間かけて撮影してからすぐに撮影に入ったので、(両方合わせて)一つの大きな作品を撮っているかのように感じました」

 

Q.今作におけるマット・マードックの心情の変化は?

チャーリー「彼はあまり人と協調しない一匹狼的な存在だったけど、愛する人を失ったことから他の人に助けを求め、チームを組む柔軟性を『ディフェンダーズ』の頃には得ていると思う」

 

Q.ディフェンダーズの撮影でよかったこと、また大変だったことは?

フィン「多くのキャストと一緒に撮影ができたことが楽しかったです。逆に現場が楽しすぎて真剣に撮影に臨むことが大変でした」

 

Q.デアデビルのコスチュームの気心地は?

チャーリー「悪くないけど、撮影では着るのに45分もかかるので大変だったよ」

 

質問は尽きませんが、タイム・イズ・アップ!最後は、フォトセッションタイムです。

 

 

ふたりとも、とても仲良しで、さらにフレンドリー。準備中に会場のファンのサインに応じるなど積極的にファンとの交流を楽しんでいた様子がとても印象的でした。

 

 

チャーリーとフィンの登場から和やかなムードで進行したわずかな時間でしたが、クールなチャーリーとお茶目なフィンの様子が垣間見えるとても素敵なイベントでした。「また、来年!」と言っていたチャーリーの言葉が、実現するとうれしいですね!

 

==

© Netflix. All Rights Reserved.

 

Netflixオリジナル『Marvel ザ・ディフェンダーズ』

2017年8月18日全世界同時オンラインストリーミング

公式サイトはこちら