Report

2017.04.07 10:39

お宝満載!世界初の規模でマーベル展が六本木で開催中!

  • Nashi

コレプレイヤーの梨です!

 

4月7日(金)から六本木ヒルズ 森タワー52階で開催中の『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』のプレビューイベントに参加したので、早速、コスプレイヤー目線でレポートしたいと思います!

 

こちらは、実際に撮影に使用した衣装や小道具、貴重な資料など約200点を通して、マーベルの世界を表現するエキジビションです。日本初公開なのはもとより、これほどの規模でマーベル展が開催されるのは世界初とのこと!!アガりますね!!

 

 

プレビューナイトではプレスの他、枚数限定のプレビューナイトチケットを購入されたファンで大賑わいとなりました。チケット購入者のドレスコード指定が「マーベル、マーベルキャラクターに因んだもの」とあり、みなさん思い思いのマーベルファッションで来場していました。その中にはもちろんキャラクターになりきったコスプレ姿の方々も多数!マーベルキャラクターのコスプレイヤーが同じキャラクターの展示横に並ぶ風景も見られました。

 

 

世界的なイベントにも参加しているアイアンマンのコスプレイヤー、中隊長をはじめ、ソーとロキのペアで歩かれている方、スカーレットウィッチ、キャプテン・アメリカガールなどハイクオリティなコスプレイヤーの方の姿も!

 

この日は、マーベル副社長C.B.セブルスキー氏やNY本社から来日したトム・ブリーヴォート氏なども来場。彼らが会場内の解説をするという豪華ツアーやトークイベントなども行う大サービス。おふたりともとっても気さくで、来場者ひとりひとりに声を掛けてファンとの交流を楽しむ一場面も見られました。

 

C.B.セブルスキー氏とトム・ブリヴォード氏に挟まれた中隊長

気になるマーベル展展示は?

さて、世界初となるマーベル展。ライト層からコアファンまで楽しめる展示内容になっていました。

 

会場の構成は以下の通り。

 

1. MARVEL ×HISTORY

コミック出版のブームが興隆した1930年代〜からの歴史を振り返ります。

 

2.MARVEL×HERO

「コズミック×ミスティック」「グローバル」「ローカル」の三つのフィールドに分けて、スーパーヒーローたちを紹介。

 

3.MARVEL×CINEMATIC UNIVERSE

映画作品を製作している「マーベル・スタジオ」によるマーベル・シネマティック・ユニバースの世界観を紹介。

 

4.MARVEL×ART

有名アーティストたちによる作品、日本の漫画家、イラストレーターによるマーベルをテーマにした作品の展示。

 

5.MAVREL×CULTURE

マーベルが他のカルチャーに与えた影響を紹介。

 

MCU映画作品関連の展示が約¾を占めていますが、コミック原画も多数展示。原作ファンにはたまらないマーベル史の基礎を築き上げてきたコミックアーティストのジャック・カービー氏の原画もあり、ファンのみなさんもみな真剣な眼差しで細部まで見ていたのが印象的。

 

X-MENシリーズの表紙原画

 

MCU映画作品の展示は、主に撮影に使用された衣装や小道具の展示が主。今まで衣装の国内展示は何度かありましたが、ここまで大規模な展示は日本初。8月11日(金)公開のスパイダーマン:ホームカミングの衣装は世界初の展示になります。コスプレ衣装を作る身としては、縫い目まで細かく見れる今回の展示は参考資料としてとても役に立ちました(笑)

 

映画『マイティ・ソー』よりロキの衣装

 

出口にはショップも併設されていて、このマーベル展限定グッズも盛りだくさんです。

 

「マーベルカフェ」は今回も併設されていて、「アイアン(満)足ゼリー」¥500や「ギャラクシーフードカレー」¥1,250、「マイティソースバーガー」¥1,500などファンの間ではすっかりおなじみのダジャレメニューが揃っています。こちらもマストで立ち寄りたいですね。

 

またマーベル展本会場のみならず六本木ヒルズ全体がマーベル一色!六本木ヒルズ内に潜んでいる隠れマーベルキャラクターを散策したり、マーベラスな日が過ごせそうです!!

 

【イベント概要】

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」

●会期:2017年4月7日(金)〜6月25日(日)10時〜22時(最終入場21時)

●会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)

●公式サイトはこちら

 

©2017 Marvel