News

2016.10.12 8:51

Netflix『アイアン・フィスト』情報!『ディフェンダーズ』のヴィラン役も明らかに!@NYCC

  • Danielle Ryan

10月6〜9日に開催されたニューヨーク・コミコン(NYCC)でマーベル・スタジオとNetflixが、そのオリジナルシリーズで快進撃をみせつけた。新シリーズ『Marvel アイアン・フィスト』(2017年3月17日配信予定)のプロモーションのため、両社はNYCCでパネル・ディスカッションを開催し、何時間も前に入場制限がかかるほどの人気となった。サプライズ発表があるとも言われていたが、それもウソではなかった。ジョン・バーンサルが主演するスピンオフ・シリーズ『パニッシャー』(2017年配信予定)の製作や、ドラマシリーズ『ディフェンダーズ』(2017年配信予定)に登場するヴィランをシガニー・ウィーバーが演じることが明かされたのだ。(どのヴィランになるのかはまだ分からないが、情報を楽しみに待っていたい)

司会はジェフ・ローブ氏(マーベル・テレビジョン代表)が務め、2017年3月17日に配信が開始されるドラマ『アイアン・フィスト』の映像がいくつか公開された。シリーズの撮影を終了したのがディスカッション開催日の午前9時だったというから、この作品はまさに新鮮そのもの。ディスカッションに登場したのは、脚本を代表してスコット・バック、俳優陣からはジェシカ・ストループ、トム・ペルフリー、ジェシカ・ヘンウィック、デビッド・ウェンハム、フィン・ジョーンズ、そしてロザリオ・ドーソン。

当初、バックはスーパーヒーロー作品の脚本には乗り気でなかったという。しかしNetflixとマーベルからのオファーを受けすぐさまを考えを変えたという。

「まず、ドラマ『デアデビル』(2015年~)のキャラクターが活力に満ちているのを観て、『アイアン・フィスト』も同じようなドラマに仕上げられると確信した。コミック風ではなく、キャラクターたちを、現実世界を生きる生身の人間として描けると思った」とバックは述べた。

主人公ダニー・ランドの配役はチャレンジングなものだが、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011年~)で騎士を演じたフィン・ジョーンズが、1日5時間以上におよぶ武術と身体トレーニングに励むなど、熱心に役作りに取り組んでいる。

「過酷だったよ。本当にイカレてた。2週間くらいオーディションを繰り返してたから。僕はロサンゼルスのベニスビーチで1人、沈む夕日を眺めながら本当に落ち込んでいた」と、ジョーンズ。シリーズ主演を務めることが決まった際の気持ちを、次のように振り返る。「車に戻ったらエージェントから電話がかかってきて、もうその時は正気を失ったね」

ウォードとジョーイ・ミーチャム役で兄妹を演じるのはトム・ペルフリーとジェシカ・ストループ。ランド・コーポレーションを乗っ取ったミーチャム家は、かつてダニーにとっても家族同然に親しい存在だった。ウェンハムが演じる2人の父親ハロルドは、シリーズ中、メインの敵役となる。劇中の兄妹は、撮影前からの知人で、相性も抜群のようだ。

「偶然、トムのことは10年くらい前から知っていて、オーディションを一緒に受けた時に再会したのよ」とストループ。「意味ある再会だったんだわ。トムは素晴らしい役者よ。彼の妹を演じられてうれしい」

「ジェシカはこれまで会ってきた人のなかでも、とびきりクールだ」と、ペルフリーは共演者について熱く語る。「演じているシーンの意味について、僕に助言してくれたこともあった。とても面白い人だよ」

コミックファンから熱い支持を受けるコリーン・ウィングの姿もNYCCで初めて披露された。演じるのはジェシカ・ヘンウィック。ウィングがケージの中で巨大な相手と格闘するクリップをマーベルが公開した。

「気に入っているコリーンの格好があるの。半透明のレインコートを着て、背中には刀。短いショーツに、首にはペンダント。このキャラクターに対するファンの期待は十分承知しているから、応えられるようにしたいわ」とヘンウィックは言う。「大変なのは、この役にはまるための身体作りね。コリーンにとって武術は趣味ではなく、生きる道なの。その点は真剣に考えたわ」

役作りに真剣に取り組むのはヘンウィックだけではないが、マーベルの秘密主義は俳優たちにユニークな挑戦を強いることとなった。

「撮影直前まで台本はもらえないんだ。僕らはほったらかしさ」とウェンハムは言う。「演じる役がその後どうなっていくのか分からないから、キャラクターについて自発的に考えるようになった。ローブ氏から、ヴィランをどう演じたらよいか早い段階から助言をもらっていたけど、実際に産業界を率いる人物なんかを参考にしたし、そうした人の心情を演技に反映できるよう工夫した」

『アイアン・フィスト』の出演者が退場したのち、ネットフリックスの新シリーズ『パニッシャー』の宣伝のため、司会のローブ氏はジョン・バーンサルをステージ上に招いた。そのほかドラマ『デアデビル』出演のデボラ・アン・ウォールも登壇した。

だがやはり、最も会場が沸いたのは、ドラマ『ディフェンダーズ』のプロモの際に、シガニー・ウィーバーがシリーズのヴィラン役(役名は未発表)を演じるとの発表があったときだったことは間違いない。

 

(この記事は2016年10月8日に英語版Fandomで掲載された記事の翻訳です)